給食チキンにがぶり!Spit/Fire.(閉店)

残念ながら閉店しました。跡地はDaylight Robbyというガストロパブに変わりました。(2017年7月)

冬休みが終わって、平常運行に戻ったぽろちと配偶者。しかし、どうも本調子になりません。この週末も外出しない予定でしたが、急遽、配偶者の提案で、2016年初回を飾るお店はこちらに決まりました、Spit/Fireです。


リンリスゴーでランチ!The Four Marys。

先月11月28日と29日に、スコットランド各地で催されたセント・アンドリュース・デーのイベントを利用して、リンリスゴー宮殿(Linlithgow Palace)行ってきたぽろちと配偶者。廃墟となってしまった宮殿ですが、何世紀にも渡ってあり続ける厳かな空間に、感銘を受けました。宮殿を見学した後は、The Four Marysでお昼休憩です!

わんちゃんと一緒にパブランチ!52 Canoes Tiki Den。(移転)

グラスマーケットエリアに移転しました。

ここエディンバラで犬を飼いたいと思っているぽろちと配偶者ですが、いつか日本へ帰国することを考えると、なかなか安易に踏み出せません。日本よりも犬に優しい気がするイギリスで、一緒にパブに行ったり、カフェで一休みできたら楽しいだろうな…と思っていますが、そういう機会は当分訪れないだろうと思っていました。しかし先日、ぽろちと配偶者をケーリーダンスに誘ってくれたスコティッシュの友人Dが、またも親切に「犬と一緒にパブに行きましょう」と誘ってくれました!ぽろちと配偶者、大興奮!お気に入りのパブ、52 Canoes Tiki Denです!


リーズナブルにチアーズ!Standing Order。

ぽろちと配偶者が、イギリスのパブ文化に触れて最も良いなと思った事は、ビール一杯だけでも気軽に立ち寄れる点です。スタッフとお客さんが、お互い気を使う必要が無いサラッとした関係が、とても楽に感じることもしばしば。今日は、ぽろちと配偶者がエディンバラで最も気楽に立ち寄れるパブ、Standing Orderをご紹介したいと思います。

旅の彩りはポテトで!The Sir Walter Scott。

先日、ぽろちと配偶者はロンドンにでかけてきました。ロンドン行きの飛行機の搭乗を待っている間、小腹が空いたぽろちと配偶者。ふと目についたパブで、旅の始まりをポテトでキメることに2人は即合意。そこで立ち寄った空港パブがこちら、The Sir Walter Scottです。


名前負けしたパブ!Shakespeare。

ここ最近パブとはご縁がなく、随分とご無沙汰となってしまいました。そういうわけで、本日はイタリアンを食べに行こうかと思っていたのですが、急遽パブへと変更。特にリサーチもせず、通りかかったパブ、Shakespeareへ!

ポテトは普通!Ghillie Dhu。

この日、カフェで一休み…と考えていたのですが、タイミングを逃してカフェに入る機会を失い、途方に暮れていたぽろちと配偶者。カフェの気持ちだったのを切り替えて、休憩がてら、前々から気になっていたパブ、Ghillie Dhu でポテト休憩をすることにしました。

ちょっと寄ってく?The Alexander Graham Bell。

エディンバラと言えば美しい中世溢れる街並が有名ですが、多くの偉人を輩出した街としても知られています。その偉人の1人である、アレクサンダー・グラハム・ベルも、エディンバラ出身です。そのグラハム・ベルの名前がついたパブ、The Alexander Graham Bellに行ってきました!


疎外感を感じるパブ!The Abbotsford。

本日のエディンバラは、何故か夏のように日差しが強く暑かったです。歩く度に、ぽろちの脇汗はフル活動。昨日、餃子を食べれなかったので、リベンジするために再び中華を食べに行こうかと思っていましたが、暑い日にはビールとサイダー!ということで、The Abbotsfordというパブにやってきました。


チキンパーティー!The Amber Rose。

憂鬱な日曜日は、パブに行くに限ります。お酒を片手にダラダラ過ごしながら、明日から始まる一週間と、ぽろちは明日の歯医者に向けて、心を整えます。本日は、The Amber Roseです。


不死身の女と乾杯!Maggie Dickson。

エディンバラ城のほぼ真下にある、観光地グラスマーケット。ここには、Made In ItalyMamma's PizzaThe Last DropThe White Hart InnMussel&Steakなどのレストランやパブが立ち並んでいますが、観光地ということにあぐらをかいているのか、イマイチなレストランが多いです。ですので、ぽろちと配偶者はグラスマーケットで夕食をとるのを避ける決意。しかし、何の気の迷いか、グラスマーケットのパブに行くことに…有名なパブの一つである、Maggie Dicksonです。


お気に入りのバーレストラン!52 Canoes Tiki Den。(移転)

グラスマーケットエリアに移転しました。

本日は、配偶者お仕事お休み。幸いお天気もまあまあ良く、散歩日和です。こんな日は、ぽろちと配偶者のお気に入りのお店でのんびりするに限ります。52 canoes Tiki Denです!


これでチーズバーガーのつもりですか?Deacon Brodies Tavern。

ここ最近、エディンバラは珍しくほぼ毎日快晴。本日は午前中、少々お天気が悪かったですが、午後から絶好調。ぽろちと配偶者は、エディンバラの街をお散歩。風はまだ冷たいですが、散歩していてとても気持ちがいいです。さて、今夜のお供に選んだパブはこちら。Deacon Brodies Tavernです。


パブはケバブに手を出すな!Jeremiahs Taproom。

4月のエディンバラは、日が射せば少し暑いなと感じるくらいなのですが、日が陰ったり風が吹いてくると一変して、手が冷たくなる程肌寒くなる、といった、中途半端なお天気。今日は夕方までお日様が照っていなかったので、配偶者とぽろちの身体は冷えてしまい、暖を求めて、今日はJeremiah’s Taproomというパブにお邪魔しました。

パエリアはパブに任すべからず。The Grosvenor Bar。

日本からエディンバラに帰って来て、初めての日曜日。もちろん行くのは、日本ではなかなか味わえない、パブです。本日は、The Grosvenor Barにやってきました。


ダーティーは名前だけ!Dirty Dicks Bar。

英国に住んでいたらお気に入りのパブの一軒や二軒は作っておきたい所。ぽろちと配偶者は、これまでご紹介したBobbys BarWorld's EndLast Dropなどがお気に入りのパブであるが、今日は新しくお気に入りのパブが増えたので紹介したい。

駅で飲も! The Nor Loch。

エディンバラには2つの駅しかなく、ヘイマーケット駅とウェイバリー駅のみ。特にウェイバリー駅はエディンバラの中心街に位置しているため、各国からの観光客が多く、毎日賑わっています。駅や空港は、その国の顔。日本では駅や空港ならではのグルメがあるので、現在では駅や空港も観光地の1つとなっています。ウェイバリー駅にも当然グルメにも期待したいところですが、残念ながら見慣れたファーストフード店やサンドイッチ店ばかり。しかし、唯一、イギリスと言えばのパブがあります!The Nor' Lochです。

NO PUB, NO LIFE!

これまでぽろちと配偶者は幾度と無くパブのお世話になってきた。パブはパブごとに歴史や特徴があり、それらを感じながらお酒を傾ける楽しみがあり。しかしパブとは何かを説明しろと言われると、説明に臆してしまう。そもそもパブとは何なのだろうか。

ポテトがダメなパブはクビ!Milnes Bar。

今日もスッキリと晴れたエディンバラ。街にはちらほらと観光客らしき方々の姿をみるようになってきました。さて今夜も日曜日のアンニュイな気持ちを引っさげて、ぽろちと配偶者はMilnes Barというパブにやってきました。