朝パブしました。The Caley Picture House。

先日、Wetherspoon系列のパブ、The Caley Picture Houseに行ってきました!これまでご紹介したエディンバラのWetherspoon系列のパブといえば、The Standing Order (レポート1 レポート2)とThe Alexander Graham Bellです。 Wetherspoon系列のパブは、気軽に一杯頂けるので、ぽろちと配偶者はディナー前の0次会会場に利用しています。


配偶者思い出のパブ!The Caley Sample Room。

ぽろちがエディンバラに来る前、配偶者は先にエディンバラに住んでいたのですが、その時によく行っていた、”思い出のパブ”が配偶者には何軒かあるそうです。ぽろちがエディンバラに来ると同時に、配偶者は引越しをしたので、その”思い出のパブ”からは足が遠のいてしまったのですが、この度配偶者たっての希望で、行ってみることにしました。The Caley Sample Roomです!


ドイツ風パブ、bier hoose。

そういえばエディンバラには、カフェFalko Konditormeisterや、ホットドッグスタンド達以外に、ドイツ系の飲食店はないのだろうか…と思い、色々ネットを徘徊していたところ、ドイツ風パブがヒット! 早速、ドイツ風パブのbier hooseに、行ってきました!


オーソドックで居心地の良いパブ!The Old Bell Inn。

トリップアドバイザー(2017年8月現在)で、エディンバラのパブランキングでトップ3に入っている人気パブ、The Old Bell Innに行ってきました!以前からこちらのパブのことは気になってはいましたが、なかなか行く機会がありませんでした。しかし先日配偶者の友人がお勧めしてくださったので、これを機に行って参りました。

フェスティバルシーズンは予約を受け付けていないパブが多いのですが、The Old Bell Innは快く予約を受け付けてくれました。

水辺の風が心地いいパブ。The Salvation of Leith。

本日はお天気が良く散歩日和だったので、Water of Leithに沿って散歩しました。ゴール地点あるリースに到着後、休憩がてらThe Salvation of Leithに立ち寄りました。


地元の方々に人気のパブ。The Bailie Bar!

先日は気温が20℃を越え、エディンバラ的には夏日となりました。「こんな日はパブでビールでも…」と配偶者が言い出したので、今回は真昼間からダラダラ飲む会を、パブ The Bailie Barで開催。そういえば配偶者は、いつどんな状況でも”こんな日はパブでビール…です。


ピザ&バーガー!The Black fox。

ピザが食べたいなと思っていたところ、ピザが豊富なパブがあるという情報を得たぽろちと配偶者。早速、ガストロパブ The Black Foxに行ってきました!


昼パブしました。The Grosvenor Bar。

普段夜メインでパブを利用しているぽろちと配偶者ですが、この日はカフェ代わりにパブに行こう!ということで、パブ The Grosvenor Barで日曜のお昼を過ごすことにしました。


恒例の今更ハロウィーン。Frankenstein Pub。

二年前のこの日、エディンバラで初めて過ごしたハロウィーンでした。ハロウィーンに対して全く思い入れがなく、とりあえず渋谷でパリピになるか、お家でカボチャ食べとけばいいんでしょ、くらいにしか思っていなかった、ぽろちと配偶者。そんなやる気がなく後ろ向きな姿勢でしたが、外国のハロウィーンを体験しなければならないという謎の使命を背負って、二年前、Samhuinnイベントに参加したものです。

行きつけパブ決定!The Cumberland Bar。

配偶者たっての希望で、配偶者の思い出のパブ、The Cumberland Barに行ってきました!


こちらのパブは、数年前、エディンバラに来たばかりの配偶者が、初めて職場の飲み会で利用したパブ。当時、当然何か食べると思って飲み会に参加した配偶者は、おつまみなしでビールだけをひたすら飲む飲み会スタイルに、衝撃!結果的に空腹で飲み会に挑むことになり、すっかり酔っ払ってしまった配偶者は、このパブがどこにあったのか、そもそもここのパブで飲んだことすら、すっかり忘れてしまいました。


それが、偶然にも最近このパブの存在を見つけることができたので、今回の調査の運びとなりました。

キレイめパブ!Montpeliers。

この頃、ぽろちと配偶者は、家飲みを開拓し、在宅飲み会系ユニットへとシフトチェンジしていたので、なかなかパブでお酒をゆっくり飲む機会がありませんでした。これはそろそろまずいかもしれないと心を改め、週末パブへと繰り出したぽろちと配偶者。配偶者の希望により、人気のパブ、Montpeliersです。


裏切らないニコルソン系列のパブ!Haymarket。

エディンバラフェスティバルも始まり、観光シーズン真っ只中のエディンバラ。ロイヤルマイルなどの観光エリアは、連日とにかく大混雑で、歩くのも一苦労な上に、レストランも満員でなかなか入店できません。人ごみにわざわざ行くのもアレだし…ということで、少し離れたヘイマーケットのパブで、ディナーをすることにしました。パブ、HAYMARKETです。


低評価パブ、その実態は?Cramond Inn。

先日ご紹介しました、干潮時のみしか渡ることの出来ないクラモンド島(動画はこちら)へ行く計画を立てている時、配偶者が気持ち悪いほどニヤニヤしながら、「クラモンド島から戻ってきたらこのパブに行ってみよう!」と、トリップアドバイザーのCramond Innというパブのレビューページを見せてきました。


Cramond Innは、エディンバラにある1774のレストランの中で1587位。評価もTerribleが圧倒的に多いという低評価パブ。"Disappointing"や"Please avoid"などのコメントが多数書き込まれています。これはエディンバラで最低最悪のパブ…?かもしれません。何故低評価に…と思いつつ、恐いもの見たさで行ってきました。

気分はビアガーデン!The Peartree。

最近のエディンバラは、お天気が良くて絶好調。気温が18℃くらいまであがってきました。こちらとしてはやっと暖かくなってきたかなといった感覚なのですが、エディンバラ的にはバーベキューをしたり、タンクトップで歩く人を多く見かけたりと、すでに夏の到来を感じさせてくれます。


そんな中、配偶者は友人と、外飲みOKなThe Peartreeというパブに行ってきました。

アバディーンのクラフトビールBrewDogを飲もう!BrewDog Edinburgh。

週が始まったばかりの月曜日ですが、今週を乗り切るために、景気付けにパブへ!アバディーンのクラフトビールBrewDogを、タップから飲む事ができるBrewDog Edinburghに行ってきました!


週末は珍しいビールで乾杯!Andrew Usher & Co.

先日、配偶者は、Andrew Usher & Co.で友人と飲み会でした!Andrew Usher & Co.の特徴は、ビールの種類がとても多い事。ビール好きの友人といざ出陣です。


場末のパブ。1780 Restaurant。

ぽろちと配偶者のお気に入りのパブの1つであるDirty Dick'sの隣に、営業しているのか閉店しているのか、よくわからない謎のパブが佇んでいます。これまで何度か来店を試みたのですが、いつも営業しておらず、店内は真っ暗。潰れたのだろうか…と思っていた矢先、何と営業している瞬間に出くわしました!早速、1780 Restaurantへ潜入です!


ビール好きはマスト!The Hanging Bat!

以前は週一回のペースで行っていたパブでしたが、ここ最近は、家飲みスタイルを追求していたため、パブから遠ざかっていたぽろちと配偶者。お家で飲むのも楽しいですが、なんやかんやでお店で飲むお酒の方が美味しい気がします。 久しぶりのパブ、The Hanging Batに行ってきました!


自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。