なんか来ちゃって後悔するYes Sushi。

先日日本から友人が来たのですが、旅行中の食疲れで日本食が恋しくなったらしく、「日本食べたい」と猛烈なリクエストを受けました。ここはKanpaiでしょ、と思っていたぽろちと配偶者でしたが、友人が思いの外、Sushi buffetに興味を示したため…また行ってしまいました。Yes sushiです。


ネタもシャリも小さいよ!!No.1 Sushi Bar。

数ヶ月に一度やってくる、お寿司食べたい病。今月その病を発症したぽろちと配偶者は、せっかくなので、まだ行った事のないエディンバラのお寿司屋さんを開拓しようと思い、No.1 Sushi Barに挑戦してきました。お写真の写りが悪くて、大変申し訳ありません。


寿司セットはマスト!Sushiya。

数ヶ月に1度やってくる、ぽろちのお寿司食べたい欲。お寿司が食べたい欲に駆られたぽろちは、ここ最近毎日のように、youtubeでお寿司の動画を見ていました。それを見かねた配偶者が、「お寿司食べに行く?」と提案してくれるも、エディンバラのお寿司に期待できません…と思いきや、良さげなお寿司屋さんがありました!Sushiyaです!

TBS ぶっこみジャパニーズで紹介されたエディンバラのラーメン屋に潜入!Maki & Ramen Sushi Bar。

本日、日本にいるぽろちの母から「エディンバラのラーメン屋さんがテレビで紹介されていた」と連絡を受けたぽろち。母から聞いた情報によると「ラーメンにヨーグルトをいれたり、麺を水でリンスしている」とのこと。ラーメンにヨーグルト?麺を水でリンス?自称エディンバラのグルメブロガーであるぽろちと配偶者が、そんなヤバいラーメン屋さんを知らないなんて…。日本を戦慄させたヤバいラーメン屋さんが、本当にエディンバラに存在するのだろうか。今回、そのラーメン屋さんを身体を張ってお伝えするべく、ぽろちと配偶者はMaki & Ramen Sushi Barに潜入した。


No Sushi!Yes Sushi。

嵐が吹き荒れる週末のエディンバラ。今日は1日家に居よう…と決意するも、何故か「こんな時だからこそ外出しよう」と配偶者が言い出し始めたので、渋々外出したぽろち。風に飛ばされながら歩いていると、ふと、道ばたに濡れてびしょびしょになった、お寿司とお鍋の食べ放題のチラシを見つけました。幸か不幸かこのチラシに出会ったことで、今夜の夕食が決まってしまいました。お寿司と鍋の食べ放題、Yes Sushiです。


エディンバラで日本食が恋しくなったらKanpai sushi!

10月上旬に日本からエディンバラに旅行に来た、ぽろちの母と姉。イギリス滞在6日目にして、そろそろ日本食が恋しくなって来た模様。一週間近く日本を離れ、満足に日本食が食べれないとなると、旅の疲れと併せて元気もでなくなってしまいます。ということで、ぽろちと配偶者のおすすめの寿司レストラン、Kanpai sushiに行って元気を取り戻してもらうとにしました。


日本人スタッフに感謝!Wagamama。

wagamama。日本ではそれを、「したい放題している様」を指しますが、このイギリスでは、とある日本食レストランの名前として使用されています。週末ともなれば、多くのカップルや家族連れでにぎわい、常にお店は大繁盛!連日予約で一杯だそうです。あまり料理には期待できないし、美味しくないとわかっているものの、ついつい好奇心旺盛なぽろちと配偶者は、イギリスの日本料理チェーン、wagamamaにチャレンジします!


巻き寿司を爆食い!Yes Sushi。

昨日の観光地であるグラスマーケットのMamma's kitchenで、歴史的敗北をしたぽろちと配偶者。だめだ、観光地で洋食を食べるのが、怖い。とにかく気持ちを安心させるためにお米を食べたい…。お米は最高の安定剤だと思っているぽろちなのでお米で満たしたいところですが、ここはイギリスで、さらにはエディンバラ。ロンドンのように日本食レストランが充実していません。そんなぽろちと配偶者の欲求を満たしてくれるお店があるわけないと思っていたら…ありました。それは、Yes Sushi!(2回目の来訪の記事はこちら)


名脇役の酢飯のはずが…。Tangs ごはん処。

海外のレストランを利用する際、日本のレストランの基準で考えてはいけない。日本と同じクオリティーを期待して行くと、ギャップに直面して、痛い目に合うからだ。最近大分割り切れるようになったが、以前は常に日本と比較してしまい、その都度ダメージをくらっては失望していた。失望を恐れていたため、エディンバラの日本食レストランは今まで敢えて避けてきたが、慣れとは恐ろしいもので、ようやく耐性がついてきた。そういうわけで、本日は日本食レストラン第3弾。エディンバラの有名日本食レストラン、Tang's ごはん処に挑戦だ。こちらのお店は先日ご紹介したHAKATAYAの系列店であり、第一号店だ。


エディンバラでラーメンに挑戦!HAKATAYA。

エディンバラに帰ってきて数週間が経過した。日本滞在中は通常よりも更に堕落的に過ごしていたために身体がすっかり鈍っており、エディンバラに戻ってきてから生活のペースが軌道に乗るまで少々時間がかかった。そして最近ようやく、配偶者は仕事、ぽろちは家事、週末はパブやレストラン、と以前と変わらぬ生活を徐々に取り戻したところである。エディンバラ生活が順調になると異常に日本が恋しくなり、常に何か物足りない気持ちになる。そういう時は、和食を食べるしかない。そこで、エディンバラで初の日本食レストラン、HAKATAYAに行って参りました!


イギリスで寿司食いねぇ!Yo!Sushi。

日本を代表する料理の1つに、お寿司がある。繊細、それでいて時に豪快でもあるお寿司の魅力は、日本人にしか理解できないだろう。しかしそのお寿司、近年海外でも非常に人気が高く、「Sushi」というものが巷で当たり前のように見ることができる。ここイギリスでもお寿司を食べれることができるが、「海外のお寿司?どうせ、カルフォルニアロールみたいなアボガド入っちゃった系創作寿司とかご飯と海苔の関係が逆さまになった感じのお寿司でしょ?」と思っており、ぽろちと配偶者は避けていた。そう、Yo!Sushiに行くまでは…。まずは配偶者作成の動画をご覧頂きたい。


二度と行かない!アジアンレストランYocoko。

もう絶対に二度と行きたくないお店。不本意ではありますが、おそらく人生で一度はそう思い苦々しく評価したお店があるかと思います。ぽろちと配偶者は今まで、日本や海外で、様々なレストランを利用し、数々の料理と出会いました。その中で絶賛する程美味しい物もあれば、もちろん、かなり美味しくないな…と顔を歪めたこともあります。それが外食の醍醐味とも言えるのかもしれません。そういうわけでぽろちと配偶者は、例えどんな料理に出会ったとしても、寛大な気持ちでいただこう、と思っていましたが…。


自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。