フェイクなアフタヌーンティー。Cafe Hub。

エディンバラ城へ向かう途中に聳え立つ、The HUB。こちらの建物は元は教会だったのですが、現在はフェスティバルや展示といった催し物会場などになっています。その中には無料で使用できるお手洗い、そして、気軽に立ち寄れるカフェがあります。ということで観光エリアにあるレストラン第二弾、Cafe Hubをご紹介します。


これこそアフタヌーンティー!The Colonnades at the Signet Library。

穏やかな昼下がりに、The Colonnades at the Signet Libraryでアフタヌーンティーをキメてきました!まさにこれがアフタヌーンティー!といった、本格的なアフタヌーンティーざんす。イェーイ!


週末限定の幻カフェ!Anteaques。

イギリスと言えば紅茶ですが、このエディンバラのカフェでは今のところ、アフタヌーンティーClarinda's Tearoom以外ではなかなか美味しい紅茶に巡り会えていません。これはもう前々からずっと気になっていた紅茶専門店に行くしかない。ということで、ついに、Anteaquesに行ってきました。


アフタヌーンティーでテンアゲ!The Howard Hotel。

英国と言えば、アフタヌーンティー。クラシカルで優雅な雰囲気の中、紅茶とケーキスタンドに並ぶスコーンやサンドウィッチを楽しむ習慣は、ちょっとした贅沢と心に潤いを感じるというもの。そんな午後を楽しむ文化がある国に在住の身でありながら、まだ1回しかアフタヌーンティーをしていないぽろちと配偶者。優雅なティータイムよりも、パブやレストランに情熱を傾けてきたわけですが、そろそろ心と時間の余裕を楽しむ空間に行かなければならない。そういうわけで、ついにアフタヌーンティーに進出。まずは記念すべき第一弾は、The Howard Hotelです。


ついに本気のリアル紅茶!Clarindas Tearoom。

エディンバラにも春が来た!と思いきや、今週は冬に逆戻り。とても寒く雨は強く降り、時には雹までもが降る始末。しまったヒーターに再び頑張ってもらわないといけない、冷たいエディンバラです。そんな悪天候でしたが、天気を見計らって、スコーンを食べにカフェへ。普段スコーンはお家で焼いていますが、やはりお家で焼くのとお店で食べるのでは全然違うので、食べたくなります。


エディンバラ城でティーしませんか?The Queen Anne Tearoom。

エディンバラ城内の観光の一休みにはこちらのカフェ、The Queen Anne Tearoomがおすすめ。先日、エディンバラ城に遊びに行った時に思い切って入ってみました。名前や雰囲気から格式やお値段が高そう…と思わず気が引けてしまいますが、気軽にスコーンと紅茶でティータイムができます。ウェブサイトによると、アフタヌーンティーもやっているそうです。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。