スーパーで買えるスコットランドのお菓子、Tunnock’sシリーズ!

もうすぐ、エディンバラは観光シーズンである。夏に向けて世界各国から、旅行者が増える。おそらく日本からも、続々とスコットランドへいらっしゃる方がいるだろう。旅行中、最も悩むことの一つに、お土産があると思う。何を買うべきか、何がいいのか…。そこで今回は、安価で手軽に購入できるスコットランドのお土産をご紹介したい。きちんとしたお土産には不向きだが、ちょっとしたお土産、友人に配るお土産には、向いているのではないだろうか。

エディンバラでスコッチウィスキーをお土産に!

エディンバラに来たからには、日本へのお土産としてスコッチウィスキーを購入したいとお考えの方もいらっしゃるだろう。以下に、あくまで配偶者の個人的見解ではあるが、お土産に最適なスコッチウィスキーを書かせて頂いた。スコッチウィスキーを購入の際の参考になれば幸いだ。

スコットランドのお土産に。Fudge Kitchen。

以前、エディンバラのお土産の1つにFudge Houseのファッジをご紹介しました。ファッジは砂糖、ミルク、バターを材料に作られており、若干キャラメルと似ていながらも、しっとりとした質感、そして柔らかい口当たりのスコットランドのお菓子です。実はエディンバラの観光の中心であるロイヤルマイル(Royal Mile)には、Fudge House以外にもう1つ、ファッジ屋さんがあります。Fudge Kitchenです。


悩ましいスコットランドのお土産選び。その3。

以前、スコットランドのお土産について、微力ながらイングランドを彷彿させるものではない、スコットランドを感じさせるお土産をご紹介させていただいた。(その1その2)。至らぬ点があり、お土産について詳しくお伝えできなかったかもしれない。なので、スコットランドのお土産第3弾!

悩ましいスコットランドのお土産選び。その2。

前回、「悩ましいスコットランドのお土産選び。その1。」で、微力ながらイングランドを彷彿させるものではない、スコットランドを感じさせるお土産をご紹介させていただいた。おそらく、ぽろちと配偶者のリサーチ不足で見落としているお土産も多々あると思うが、参考にしていただけると幸いだ。

悩ましいスコットランドのお土産選び。その1。

旅先での楽しみな事の1つに、お土産選びがある。しかし、今やネットでほとんど購入できてしまうし、日本で普通に売っている場合もある。特にイギリスの物は基本的に日本にあるため、何を購入して良いのか迷う事もあるだろう。せっかくお土産をあげても「これ普通に日本に売ってるよね…」などと言われてしまっては、悲しすぎる。

スコットランド伝統お菓子!Fudge House。

お土産で有名なあのWalkersのショートブレッド。スコットランド産だとは知らずに、イングランド土産として購入される方も多いと思われるが、実はショートブレッドはスコットランドの伝統的なお菓子の1つだ。ショートブレッドはお土産界では大人気だが、もう1つ人気のお菓子、ファッジ(Fudge)もスコットランドの伝統的なお菓子だ。ファッジは砂糖、ミルク、バターを材料に作られており、キャラメルと似ているが砂糖を結晶化させて作るため、しっとりとした質感でとても柔らかい。紅茶とよく合う、程よい甘さのお菓子だ。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。