オーバン小旅行4。オーバンからエディンバラへ!

Highland Experienceのバスツアー を利用して、日帰りでスコットランドはオーバンに小旅行にでかけた、ぽろちと配偶者。オーバンでシーフードを楽しんだ後は、バスに乗り込み、いくつかの場所に立ち寄りながら、エディンバラへと帰ります。

ところでバスの中は、カナダからやってきたお騒がせ三人娘のおかげで、常に騒々しかったです。ハイテンションの理由は一つ、三人の女の子の一人、ジェシカが誕生日だったそうです。ジェシカが急に誕生日アピールをし始め、挙げ句の果てにジェシカの姉マリアが、バスの運転席に設置されているマイクを何故か占拠。「ジェシカが誕生日だから、皆で祝って!」と言い始めました。運転手のジョンは、ジェシカのために、とっておきのバースデーソングをガンガンかけ、彼女たちの期待に応えます。

その様子に圧倒されながらも、必死でジェシカの誕生日祝いをしたぽろちと配偶者でしたが、ふと見ると、イングランドから来た老夫婦は、露骨につまらなそうな顔をしていました。他の乗客も、苦笑い。結構ヘビーな時間でした。

最初の寄り道スポットはこちら、Loch Awe (オー湖)周辺にある、Saint Conan's Kirkです。Kirkは、教会という意味だそうです。




15分程教会内見学し、再び出発です。

続いて、インヴァレリー(Inveraray)村にやってきました。村に付く前に、インヴァレリー村と、インヴァレリー城のどちらに行きたいかとアンケートが取られます。結果、なんとカナダ3人娘の1人ジェシカだけが、お城を希望。ジョンは、ジェシカを除く参加者全員を村に下ろした後に、ジェシカを連れてお城に向かいました。


駐車場近くのこちらのカフェで休憩です。





普段頼まないのですが、口さみしくてスコーンをオーダーしてしまいました。とても、美味しくなかったです。これには配偶者も同意。"これってスコーンじゃないよね?失敗作のパン?"とのこと。


配偶者は、チョコビスケット。中にはジャムとクリームが入っているので、かなり甘いです。素朴なビスケットでした。


ここのカフェは、残念ながらイマイチでした。しかしお手洗いが無料で使用できますし、まあまあ綺麗なだったので、お手洗いスポットとしては合格です。

インヴァレリー村に面した、ファイン湖(Loch Fyne)の湖畔をお散歩です。


続いての休憩地点は、ファイン湖とローモンド湖の間くらいにあたる峠です。


とても良い眺めです。


ジョンが参加者各々の写真を、親切に撮ってくれました。

最後の休憩地点、ローモンド湖にやってきました。行きはローモンド湖に面したLuss村に訪れましたが、帰りは別のスポットです。


この後はバスに揺られて、エディンバラに帰宅。エディンバラには、当初の予定通り、18時半頃に到着しました。帰りはロイヤルマイルではなく、セント・アンドリュー・スクエア(St Andrew Square)で下車。下車時にジョンにチップを渡し、挨拶をしてお別れです。どの程度支払えばいいかわからず、10ポンド程渡しました。

エディンバラからオーバンまでの道のりは、とても長かったですが、自力で行くよりもバスツアーに参加してよかったなと思いました。運転手のジョンの話術や個性溢れる参加者達と一緒に過ごした時間は、思いの外楽しかったです。オーバンでの滞在時間は僅かしかありませんでしたが、それでもスコットランドナンバーワンのシーフードを堪能できました。

日帰り旅行なので是非気軽に参加してみて下さい!
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。