配偶者思い出のパブ!The Caley Sample Room。

ぽろちがエディンバラに来る前、配偶者は先にエディンバラに住んでいたのですが、その時によく行っていた、”思い出のパブ”が配偶者には何軒かあるそうです。ぽろちがエディンバラに来ると同時に、配偶者は引越しをしたので、その”思い出のパブ”からは足が遠のいてしまったのですが、この度配偶者たっての希望で、行ってみることにしました。The Caley Sample Roomです!


場所はエディンバラのヘイマーケット(Haymarket)駅越えて、さらにDalry Roadに沿って西側に進んだ所にあります。


ぽろちと配偶者は週末の午後14時頃に訪れたのですが、お客さんはいませんでした。しかし、何かの取材だったのか、テレビスタッフの方々が撮影をされていました。ウェブサイトによれば、この2017年に色々なアワードに輝いているようなので、そのためかもしれません。

ぽろちと配偶者が訪れた以降に、ぱらぱらとお客さんがやってきましたが、数える程度です。昼間は客足が少ないパブなのかもしれません。混雑していないパブを求める方には、穴場ですね。

早速ドリンクをオーダーです。ぽろちは、ブラッディー・マリーをオーダーしました。


このブラッディー・マリーには、タバスコが入っていました。ブラッディー・マリーにタバスコを入れる方も多いかと思われますが、タバスコ好きのぽろちとはいえ、ドリンクにタバスコはちょっとな…という心境でした。 タバスコがなければよかったかな…?

ジン熱が未だ冷めない配偶者は、Daffiy's Ginをオーダー。


これは中々配偶者の好みだったようです。

食べたいメイン料理がなかったので、CHARCUTERIEという名前の、シェアリングボードにしました。シェアリングボードの中ではお高めで、£20でした。


どれも無難で、美味しかったです。余程のことがない限り、こういったハムやチーズのシェアリングボードが美味しくないということはないですよね。レバーペーストは、シェアリングボードでは珍しいかもしれません。

配偶者は二杯目に、以前ご紹介したHendrick'sジンをオーダーしました。


元々キュウリ風味のジンにキュウリを入れるとは…、かなり食後のリフレッシュになりました。

静かで居心地がよく、また行きたいなと思えるパブでしたが、在庫切れのお酒が多いのが、残念でした。当初ぽろちはピムスを頼んだのですが、ピムスはないと言われましたし(バーカウンターにはピムス瓶がありましたが…単なる飾りだったようです)、配偶者は別のジンをオーダーしましたが、それも3度程ないと言われました。お酒の在庫チェックは、しっかりしてほしいものです。

★★★☆☆(3/5)
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。