キュウリとバラがアクセント。Hendricks Gin。

スコットランドと言えばと聞かれたら、やはりスコッチウイスキーが、1番始めに思い浮かべるお酒かもしれない。しかしジンも、なかなか素晴らしい。ぽろちも配偶者もジンの魅力にすっかり取り憑かれ、毎日のようにジンを飲んでいる。先日はシトラス系のカルーン・ジンをご紹介させて頂いたが、今回は特徴的なボトルの、Hendrick's Ginをお伝えしたい。こちらのジンはボトルだけではなく、味も特徴的なのだ。観光でエディンバラにいらした方にも、ぜひ一度飲んで頂ければと思う。


ヘンドリクス・ジンの蒸留所は、エディンバラから南西に100km以上離れた、Girvanにある。



1999年に誕生した、ヘンドリクス・ジン。このジンもまた他のジンと同様、こだわりの製法で作られている。

まず、蒸留法だ。ベネット・スチル(Bennet still)と、カーターヘッド・スチル(Carter-Head still)という、一方は力強く芳醇な、かたやもう一方は繊細な味を生み出すと言われてる2つの特徴的な蒸留器を用いて、ヘンドリクス・ジンは蒸留されている。これにより、とてもスムーズな飲み口になるそうだ。


そして、ボタニカル。Juniper、Yarrow(セイヨウノコギリソウ)、Elder flower、Angelica Root、Caraway、コリアンダー、カモミール、Cubeb berry、Orris root、Lemon、Orange peel。レモンやオレンジピールなどが用いられている事から、前回ご紹介したカルーン・ジンと似た、爽やか柑橘系という印象を受ける。

しかし一番の特徴は、原料にキュウリとバラのエッセンスが使用されていること。こだわり抜いて選んだキュウリと、バラの女王と呼ばれるダマスク・ローズ、もしくは、ロサ・ダマスケナ・ローズ (Rosa Damascena)のエッセンスの調和により生み出される、香水のような華やかな香りと、柑橘系の爽やかな味わいが、唯一無二のジンを作っているのだ。

Hendrick's Ginは、スコットランドのスーパーで良く見かけるので、入手にはそれほど苦労しないと思う。是非、特徴的な香りや後味が残るHendrick's Ginを、試して頂きたい。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

残暑お見舞い申し上げます。
ぽろちさんのジンに関する記事を拝見して、私たちもジンを試してみました。
どれを選んでよいか分からなかったので、10ポンドジンとトニックウォーターを買った所
はい、はまりました。
お店のレジの人が子供のクラスメートのお母さんで。。。。
今日は、はじめてジンを買いますって言ったら、明日も買いに来るわよって言われました。
グレープフルーツ風味で飲みすぎ注意報です。

Reply
avatar

Kさん、こんにちは、残暑お見舞い申し上げます。いつもコメント頂きまして、ありがとうございます。

Kさんも見事にジンにハマられたのですね!!美味しいですよね、私も見事にどハマりしています。様々な種類を飲んでいくと、結構ジンも奥が深いなと感じます。飲みやすいジンもあれば、かなり香りがきつくて飲みにくいジンもあったり。飲めば飲むほどジンにハマっていきます。

それにしても、お子様のクラスメイトのお母様がレジというのはとっても気まずいですね…でもそのお母様の言葉通りですね!お互い飲み過ぎには注意しましょう^^

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。