ChopChopの冷凍餃子をデリバリー!

無性に餃子を大量に食べたいけれど、自分で作るのが面倒だなと思っていたぽろち。ありがたいことに、チャイニーズスーパーには味の素の冷凍餃子 が売っているが、何かが違う。仕方ないので視覚で餃子欲を満たすために、餃子の画像を検索したり、何気なく「Edinburgh dumpling」というワードでネットを徘徊していた。すると、気になるサイトを見つけた。以前ご紹介した、ChopChopという餃子屋さんの、レストランサイトではなく、会社のホームページである。なんでもレストランの餃子を、自宅にデリバリーできるというのだ。


こちらのサイト の、「Our products」から、冷凍食品をオーダーできる。冷凍食品のライナップの中には、餃子の他に、チキンウィングや中国風の豚の角煮などもある。

難点なのが、1回のデリバリーで、冷凍食品を12点(1パック約200g)選ばないといけないことだ。家族が多い方なら問題ないと思うが、夫婦二人暮らしのぽろちと配偶者には、1回のデリバリーで12点は多すぎる。冷凍庫に入らない量だ。だが購入してみたかったので、オーダーすることにした。

ちなみに中国製品に不安を抱いている方もいらっしゃるだろうが、ChopChopの餃子はエディンバラで作られている。また、「Our products are made free from MSG, colour or additives.」との記載もある。

商品を12点選んで支払いが済んだ後、お店の方からメールが来て、デリバリーの日時などを相談する。支払いのフォームに住所入力の欄がないので驚くが、後日送られてくるメールで詳細を教えるスタイルだった。


オーダーした12点が、この箱に入っている。保冷剤が入っている訳ではないので、届いたらすぐに冷凍庫に入れよう。


ぽろちと配偶者は餃子を10点、中国風豚の角煮を1点、チキンウィングを1点購入した。計£23.50(送料込み)だったと思う。

早速開封すると、レストランで頂いた餃子と同様、小ぶりな餃子が1パックに14個入っていた。日本の餃子と全く違い、焼き餃子ではなく、水餃子だ。


水餃子でも焼けるでしょ、ということで、焼く。



焼き上がったのが、こちら。盛り付けにセンスがない点は、どうか気にしないで頂きたい。


早速頂いた。焼き餃子ではなく水餃子として作られているからか、もちろん皮が厚い。しかし弾力があって、小ぶりながらも食べ応えがある。美味しい。またリピートしてもいいかなと思えた。

しかし、日本で食べる餃子と違い、ニンニクやショウガ、ニラの味が弱いので、全体的にパンチがない。一つ一つの餃子が軽くあっさりしていて、胸焼けや胃もたれなどの症状とは無縁で食べられる。それは嬉しいことなのだが、やはり多少のパンチが欲しいので、ぽろちと配偶者は各自の特製ダレにニンニクを追加した。


後日この餃子で水餃子スープを作ったが、これも普通に美味しかった。郵便番号にEHが付く住所が宅配可能とのこと。ご興味があればぜひ。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

たれにニンニク…私、ぽろちさんと全く同じことしていて、思わず笑ってしまいました。中国スーパーでは日清のよりちょっとお求めやすい中国人向け餃子を買う事が多いのですが、仰る通り、日本の焼餃子に比べちょっとパンチが弱いですよね。私は酢醤油に食べるラー油のニンニク部分をプラスしてたれを作って、それにつけて食べています。わたしもばっちりEHの住所なので、デリバリー検討してみます!

Reply
avatar

りえさん、こんにちは!実はチャイニーズスーパーの中国人向けの餃子を購入しようか迷っていましたが、りえさんが買われるとのことなので、安心しました。相変わらず中国餃子はパンチが弱いみたいですが、早速中国人向けの餃子を買ってみます!

chopchopの餃子、おすすめです!!冷凍庫に全部入りきるかどうかが悩みどころですが、普通に安価で美味しいです。水餃子にも焼き餃子にもできるので、結構我が家では重宝しています!よろしければぜひ♩

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。