スペイン・アンダルシア旅行1。あらすじ。

昨年、2016年の冬の話ですが、冬休暇を利用して、ぽろちと配偶者は、5泊6日のスペイン旅行に行ってきました!

今回の目的地は、冬でも比較的温暖なスペイン南部のアンダルシア地方。アンダルシア地方は、スペインと言えばでお馴染みの、フラメンコや闘牛などの発祥の地。また何と言っても、グラナダを筆頭に、街中にタパスを提供しているバルが数多く点在していることが一番の魅力です。食べ飲み歩きが大好きなぽろちと配偶者にとって、まさにうってつけの場所なのです。実際、今回のスペイン・アンダルシア地方の旅行は、これまでの旅行の中で1番美味しくそして楽しかった思い出となりました。アンダルシア地方への再訪を、お互いに誓いあった程です。

といわけで、主にスペイン・アンダルシア地方の食い倒れバル巡り中心に、レポートしていきたいと思います。ぽろちと配偶者のレポートが、スペイン・アンダルシア地方へ旅行される方々の、一助になれば幸いです。

早速、いつものように地図を見ながら、ぽろちと配偶者が辿った道のりを紹介します。

エディンバラ空港からマラガ空港を利用してスペインに入国し、グラナダ、セビリア(セビーリャ)、マラガの3都市を順に巡り、再びマラガ空港からエディンバラへ戻りました。

それぞれの街へは、電車またはバスを利用しました。比較的頻繁に電車やバスが走っているので、アクセスは良いかと思われます。ちなみにコルドバにも行く事を考えましたが、3都市の観光やバル巡りを満足に楽しむには、諦めて正解だったと思っています。5泊6日で丁度、いやバル巡りはまだまだし足りないというのが、正直な感想です。


1日目。
エディンバラ空港→マラガ空港(A)。Ryan Air。午前着。約3時間。
マラガ空港 (A, Aeropuerto)→Malaga Maria Zambrano駅(Héroe de Sostoa)。地下鉄。20分。

マラガ(A)→グラナダ(B)。ALSAバス。1時間45分。
グラナダ Hotel Comfort Dauro2に宿泊。
グラナダ アンダルシア地区観光。

2日目。
グラナダ アルハンブラ宮殿観光。
グラナダ バル巡り。
グラナダ Hotel Comfort Dauro2に宿泊。

3日目。
グラナダ(B)→セビリア(C, Sevill-Santajusta)。Renfe電車。3時間20分。
フラメンコ鑑賞。
セビリア バル巡り。
セビリア Hotel Bécquer Sevilla に宿泊。

4日目。
セビリア大聖堂観光、スペイン広場、闘牛場など観光。
セビリア バル巡り。
セビリア Hotel Bécquer Sevilla に宿泊。

5日目。
セビリア(C, Sevill-Santajusta)→マラガ(A, Malaga Maria Zambrano)。Renfe電車。2時間。
マラガ Hotel Guadalmedinaに宿泊。
 
6日目。マラガ空港(A)→エディンバラ空港。Ryan Air。約3時間。

では次回から、旅先での出来事を、詳しくお伝えしていきたいと思います。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

ヨーロッパ内の旅行となると、移動にレンタカーがあった方がと思うことがあります。
異なる交通ルールで知らない土地での運転や駐車場探しは避けるために、レンタカーでの
旅行は予定しないので、ぽろちさんのブログは大変勉強になります。
日本発だと団体パックツアーで移動に関しては何も考えないので楽です。
きっとご旅行前に、詳しくいろいろお調べになってる様子が想像できます。

Reply
avatar

Kさん、こんにちは。お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。いつもコメント頂きまして、ありがとうございます。
レンタカーがあると便利ですよね。ですが我が家も旅行先での運転は色々と難しそうだなと考えているので、交通機関を使っています。
ツアーだと全て身を任せられるので、楽ですよね。プランを練っている間、ツアーなら楽だな…といつも考えてしまいます。

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。