ポッシュなガストロパブ、Hermitage。

トリップアドバイザーで人気が高い、ガストロパブのHermitageに行ってきました。


場所は、エディンバラの中心から南西側の、モーニングサイドエリアです。

店内は週末だったこともあり、とても混雑していました。ぽろちと配偶者は予約をしてから来店したのでお席に座れましたが、予約がないお客さんは断られていましたので、予約必須かと思われます。

このエリアの特徴かもしれませんが、スマートな佇まいのお客さんが多く、店内は少しだけ洗練された空気を感じました。


まずはドリンクです。配偶者はパフィンという鳥の名前が冠された、パフィン・エール。ぽろちは、MAGNERSのサイダーです。乾杯!


ビールの種類が少ないことと、KopparbergやRekorderligなどのサイダーが無いのが、マイナスポイントです。MAGNERSのサイダーは、ぽろち的にコクがなく…あまり美味しくなかったです。

対してお食事のメニューは、まあまあ充実しています。バーバイト(Bar Bites, おつまみ)、スターター、シェア、メイン、と分かれており、ちょっと飲みたい時、お友達とシェアしたい時、しっかり食事をしたい時など、色々な場合に対応できます。

スターターは、ベイクド・カマンベールチーズ。


このギンガムチェックの紙は…スーパーなどでよく見かける感じですね。スーパーで買ってきたチーズを、温めただけ?…とは思いたくないですが、もしかしたらその可能性ありです。美味しかったですが、チーズをただ温めただけというお味です。とはいえ、なかなかのボリュームだったので、この時点でお腹が一杯になってきました。

マッシュールーム・フライ。


ぽろちと配偶者が、大好きなメニューの一つです。イギリスのパブメニューとしては定番…と聞いているのですが、実際エディンバラでは中々出会う事が無く、数年ぶりに頂きました。とても瑞々しいので、噛む程に美味しさがじゅわっと溢れてきます。美味しいです!

メインです。ぽろちは、モロッコ風ラムパイ。


パイの中はブラウンシチューですが、お味はかなりカレーでした。


完全にカレー風味ですね。モロッコ風とは、カレーのことなのでしょうか。モロッコには明るくないのでわからないですが、お味は美味しかったです。ただ、パイを食べ慣れていないぽろちには、後半戦がつらかったです。パイは重たく脂っこいので、すぐにお腹が苦しくなりました。

配偶者はCrombies Sausages、いわゆるバンガーズ&マッシュです。


イギリスらしからぬ肉肉しいソーセージで、とても美味しかったです。マスタード風味のポテトも、食欲をそそります。しかし、量が多かったです。二人で頑張って食べましたが、やはりぽろちと配偶者には、多い量でした。

ガストロパブHermitageは、ビール、サイダーのセレクションはイマイチでしたが、カクテルは中々充実してそうでした。中でも、ジンは盛りつけも華やかだったので、是非飲みたいなと思いました。しかし美味しかったのですが、お料理の量がかなり多く、もう一杯何か飲もうという気持ちにすらなれない程、満腹になってしまい、オーダーできませんでした。オーダーのし過ぎに注意です!

★★★☆☆(3/5)
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。