ルクセンブルク旅行。

中央ヨーロッパ旅行として、スロバキアはブラスチラバ、オーストリアはウィーン、そしてハンガリーはブダペストを存分に楽しんだぽろちと配偶者。この旅のおまけとして、もう一カ国、行ってみることにしました。それはルクセンブルクです。


ルクセンブルクは、以前のベルギー旅行の際に、行くかどうか迷った結果断念しており、もう行く機会はないだろうな、と思っていました。しかし今回の旅行で、ブダペストからエディンバラへの帰り道、ベルギー空港でトランジットとなったため、もうこのチャンスを逃す手は無いと思い、ベルギーのサウスシャルルロワ空港から、日帰りで、ルクセンブルク観光を強行した次第です。

懐かしのベルギー、サウスシャルルロワ空港です。


もちろん、ワッフルを頂きました。


では早速、サウスシャルルロワ空港から、ルクセンブルク中央駅まで移動します。Flibcoという、サウスシャルルロワ空港から出ているシャトルバスで向かいました。2時間45分、料金は片道約23€です。


長い時間バスに揺られて、やっとルクセンブルク駅に着きました。駅前は、あまりパッとしません。中世風でも無く、大都市でもなく…。


こちらは鉄道の駅です。



取りあえず、観光エリアに向かって歩いてみます。日曜日ということもあり、人の気配があまりありません。


不運にも、雨が降ってきました。


ギョーム広場です。ベルギー風のポテトを頂きました。


広場のツーリストインフォメーションで、傘を買いました。


実は当初、こちらのツーリストインフォメーションで、ルクセンブルク入国の証として、パスポートにハンコを押してもらおうと思っていました。ぽろちと配偶者はバスでベルギーからルクセンブルクに入国しましたが、その際入国審査がありませんでした。

しかしネットで検索したところ、こちらにあるハンコは公式の物ではないそうです。パソポートに公式ではないハンコを押すのはどうなんだろう…と悩んだ結果、結局ハンコは諦めました。今思えば、せめてメモ帳にでも押せばよかったかなと後悔しています。


特にすることがなかったので、観光バスのHop On - Hop Offバスに乗りました。これが大ハズレ。バスは、観光名所である渓谷の方には全く行かず、郊外へ。車窓には、近代化した建物や、人気のないビル街などが延々と映り、ついウトウトしてしまいました…。ほとんど建物の説明ばかりだったので、苦痛の1時間でした。


残り僅かな時間で、渓谷を散策することにしました。



ルクセンブルクの街は、城壁と渓谷に囲まれた城郭都市となっており、その古い町並みと要塞群は、1994年に世界遺産に登録されているそうです。


確かに、この縦に広がる景色は素晴らしかったです。


あっという間に、ブリュッセルに帰る時間がきてしまいました。また2時間45分かけて、
サウスシャルルロワ空港に戻ります。時間がなかったので、レストランやカフェにも行けませんでした。残念!

出国ゲートにある、フードコートです。


とっても並んで待たされた挙げ句、フィッシュ&チップスしかもう無いと言われました。仕方なく購入した、フィッシュ&チップスです…。イマイチでした。


ヨーロッパを巡る上で、機会があれば行ってみたいと感じていた、ルクセンブルク。今回、ぽろちと配偶者は、中央ヨーロッパ三か国旅行の帰り道に、半日だけルクセンブルクに寄り道した訳ですが、短い時間の中では、旅の疲れもあって十分に楽しめませんでした。時間があったら何をしたいか、と言われたら返答に困ってしまいますが、もうルクセンブルクに思い残す事は無くなったので、良かったです!

これにて、中央ヨーロッパ三か国+ルクセンブルク旅行は終了です!お付き合い、ありがとうございました。
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。