勉強して出直してきます。El Quijote。

去年の冬、ぽろちと配偶者は南スペインへ旅行しました。その時に頂いたスペイン料理が、とても美味しかったので、ぜひまたエディンバラでも食べたいなと思っていました。そんなわけでスペインレストランを探していたところ、雰囲気のあるレストランを見つけたので、早速行ってきました。スペインレストラン、El Quijoteです。


場所はロジアンロードを南下した、トールクロス(Tollcross)エリアの、大きな交差点の近くです。

予約をするため、当初はホームページに記載されている電話番号に電話をかけたのですが、何度かけても繋がりませんでした。「電話が繋がらない程人気なんだ…」と驚きましたが、ふとトリップアドバイザーに記載されている電話番号と、ホームページの電話番号が違うことに気づきました。すぐにトリップアドバイザーに記載されている電話番号に電話をすると、あっさり予約が取れました。現在ホームページに記載されている電話番号は、訂正されているかもしれませんが、予約される方はご注意ください!

お店は本場スペインのタパスレストランを意識しているのか、こじんまりとしていました。写真奥にある茶色の陶器を見ると、スペインを思い出します。



ぽろちはスペインを味わうために、サングリアをオーダー。


赤ワインの濃厚な味わいと果物の仄かな甘さが、美味しかったです。

配偶者は、スペインのドラフトビールをオーダーです。


ドラフトビールは品切れということで、配偶者はやや動揺していましたが、瓶ビールでオーダー。南スペインでもよく頂いた、アルハンブラです。

自家製と思われるパンと、バルサミコとオリーブオイルのソースです。


パンは少々パサついていましたが、オリーブオイルと一緒に頂いたので、そこまでパサつきは気になりませんでした。

ボードに書かれていた本日のメニューから、チョリソーをオーダーしました。


あれ…これがチョリソー…?目玉焼き…?

チョリソーを頼んだと思っていたのですが、明らかに主張してくるのはチョリソーではなく、目玉焼きでした。肝心のチョリソーは、目玉焼きの上にトッピングされているチョリソーと、目玉焼きからこぼれ落ちたのか、それとも飾り程度のものなのか、よくわからないチョリソーのみ。ぽろちと配偶者は、スペインで頂いた”あのチョリソー”ではなく、拍子抜けしました。

ちなみにお味ですが、チョリソーはささやかな風味のみ。目玉焼きは、目玉焼きの下にひかれたポテトと一緒に頂きました。チョリソーは感じられませんでしたが、チョリソーがないと思えば美味しいと思います。

続いて、ガーリック・プラウン。旅行先では、ガーリック・プラウンをオーダーすると、アヒージョがでてきたのですが…。


あれ…こ、これは?スープにエビが沈んでいます。味付けは、確かにニンニクが利いていますが、かなり強めの酸味があり、すっぱいです。ニンニクが、酸味に負けてしまっていました。オリーブオイルのコクや旨味などは、あまり感じられませんでした。ぽろちと配偶者が思い描いたアヒージョとは、全く違ったお料理のようでした。非常に残念です。

こちらは、White bait(カタクチイワシなどの稚魚)のフライ。アンチョビ・フリットだと思って頼みましたが…。


残念ながら、衣がフリット系ではなく、普通のフライのようでした。さらにとってもしょっぱいです。アンチョビにしょっぱさは付き物ですし、アンチョビの塩気は大歓迎です。しかしこれはアンチョビのしょっぱさではなく、お塩が強すぎました。なかなか厳しい戦いでした。

唯一想像通りのお料理が、カラマリです。


可も不可もなく、安定のカラマリでした。

今回のEl Quijoteでは、ぽろちと配偶者の力量不足ですが、メニューから自分の食べたいお料理を見つける事ができず、残念でした。たった数日の南スペイン旅行で味わっただけですので、知らないことの方が多いですし、思っている料理を正確にオーダーするのは難しかったです。またもしかしたらお店側も、イギリス人の舌に合うように、お料理に手をくわえているのかもしれません。決して悪いレストランでは無いと思うのですが、食べ終わる頃には、また南スペインで本場の料理が食べたいな…と、ぽろちと配偶者は強く感じました。

ちなみに一番最初にオーダーしたオリーブは、何度かお願いしたにも関わらず、何故か来ませんでした。残念!

★★★☆☆(3/5)
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。