期待はずれのYutakaのキムチ!

先日スーパーで陳列棚を物色していたところ、Yutakaがプロデュースしているキムチを発見した。しかも、セール中だった。普段キムチは、心の拠り所であるチャニーズマーケット、星光便利でお世話になっている。が、スーパーで気軽に購入できる手軽さに、ぽろちの心が動いたのは事実だ。もちろん、購入した。


仕事帰りの配偶者が、テーブルの上にあったキムチを見るなり、「このキムチを買って大丈夫?」と不安がってきたが、「Yutakaのうどんはまあまあだから、キムチも大丈夫だと思う」と言って、ぽろちは乗り切った。

しかし…今思えば購入したのが間違いだった。

開封すると、何だか想像よりもはるかに水っぽいキムチが顔を出した。匂いはキムチそのものだったが、雰囲気は何だか違った。ただ赤い液体に白菜などの野菜が、浮かんでいるように見えたからだ。


とりあえず、お皿に出してみた。まあ…大丈夫?


新商品や怪しい商品に率先して切り込んでいく配偶者が、今回も先陣切ってキムチを食べた。だがすぐに微妙な表情を浮かべ、「ヤバい」と一言ぽろちに言った。この配偶者の「ヤバい」の表情が、結構な破壊力だった。

ぽろちも頂いたが…ヤバかった。これはキムチではない。まず食感、歯ごたえが一切ないのだ。野菜はクタクタで、べちょべちょ。そして、肝心の辛さも無い。酸っぱい漬け物として…と思い込もうとしても、旨味も無ければ、深みもない。

Yutakaがプロデュースしている漬け物にも興味があったが、キムチに懲りたため、購入は見送ろうかと思う。

Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。