パンケーキデー 2017。

本日2月28日は、シュローブ・チューズデー(Shrove Tuesday)。パンケーキデーと呼ばれる日である。イースター(十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、3日目に復活したことを記念する重要な祭)の41日前に当たる火曜日のことで、この日を境に40日間断食期間となるそうだ。



Shrove Tuesdayの翌日、灰の水曜日と呼ばれるアッシュ・ウェンズデー(Ash Wednesday)からイースターまでの間は、簡素な食事をし、楽しみとなるような食事は控えることが習慣となっていたそうで、それは肉、乳製品、卵などの動物性のものをとらないことを意味していたらしい。そのため、家にある卵やバターを使い切り、翌日の断食に備えて、パンケーキを食べていたそうだ。

正直なところ、ぽろちはパンケーキが好きではない。なので2年ほど前のこの日、パンケーキの代わりといってはアレだが、お好み焼きを作って食べた気がする。ちなみに去年のパンケーキデーは、すっかり忘れており、何もしていない。

パンケーキが好きであれば、この日にかこつけてパンケーキを食べるだろう。しかしそうではないので、もちろん今年もスルーする予定だった。しかし何を思ったのか、配偶者が、「今年のパンケーキデーは、俺に任せて欲しい」と突然宣言してきた。

「でもパンケーキはあんまり…」と呆気に取られながら言うぽろちに、やる気が漲っている配偶者は、「じゃあ、パンケーキはやめて、ホットケーキミックスで何かを作りたい」と言ってきた。普段、ごま油を使用する時のみ、キッチンに立つ配偶者が一体何故…(※配偶者はごま油が大好き)という思いだったが、「そろそろごま油係以外でも頑張りたい」と望む配偶者の気持ちを、ぽろちは受け入れた。

口出ししたい気持ちはあるが、ぽろちが介入しては意味がないし、せっかくのやる気をそぎ落としてはダメなので、今回は全て配偶者に任せた。配偶者が作業中、ぽろちはテレビなどを観ていたのだが…。

どういうわけか、こういう結果になっていた。


配偶者は、カップケーキを作ろうと考えていたらしい。 本人曰く、焼くまでは最高だったらしいが、蓋を開けてみれば、色々なものが外へと飛び出していた。おそらく、カップに注ぐタネの量が多かったのだろう。ちなみに味は問題無い、とても美味しかった。

そんなこんなで、2017年のぽろちと配偶者のパンケーキデーは、幕を閉じたのである。
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。