新£5紙幣をゲット!

先日、とあるスーパーで買い物をし、お会計をした時のこと。受け取ったお釣りを見た瞬間、「ようやくこの時が来たか…」と、ぽろちと配偶者は興奮した。興奮というと大袈裟だが、感激というか、若干ながらもテンションが上がったのは事実だ。手元に感じる重み…まあただのおニューの5ポンド札なのだが、大事にお財布にしまったのは言うまでもない。


全然知らなかったのだが、イングランドでは今年2016年の9月13日から、新しい5ポンド札が導入されたらしい。銀行によるが、スコットランドは一ヶ月程遅れて、10月からスタートした。

何でも従来の紙幣とは違い、ポリマー紙幣という合成樹脂で作られており、従来よりも薄いが強い紙幣になったそうだ。戦闘力の高さは不明だが、確かに従来の紙幣と比較すると、シワになりにくい気がするし、手触りがスベスベ。これまでの紙幣とは違うことがうかがえる。

ぽろちと配偶者が手に入れた£5紙幣は、RBS(Royal Bank of Scotland)発行のもの。スコットランドの文学史に名が残る作家、Nan Shepherd氏が表になっているものだ。裏は、スコットランドの漁業を最も支える魚として、二匹のサバがあしらわれている。


イングランドの新しい£5紙幣も、入手できた。


こちらは、Bank of England発行の紙幣である。表はもちろんのこと、女王様。裏は元首相であり、ノーベル文学賞を受賞したウィストン・チャーチル(Winston Churchill)氏が施されている。


エリザベス女王の透かしの所にレーザーポインタを当てると、ドットの模様が壁に映し出される仕組みになっているらしい。おそらく、この5ポンド紙幣には、色々な技術が盛り込まれているのだろう。


ちなみに、2017年5月5日から、古い£5紙幣は使用不可となるようだ。

古い5ポンド札に別れを惜しんで、保存用にとっておくのも良し、もしくは価値が無くなる前に使ってしまうも良し、だ。来年には、新しい£10札の発行の計画もあるらしい。目まぐるしい変化に、注意が必要だ。

Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

ぽろちさん、こんにちは。

お札マニアとかじゃないんですが、なんとなく新しい素材のお札…私も初めて手に入った時は嬉しくてお財布の中でキープしてます。
Royal bank of Scotlandの新しい5ポンド札は初めて見ました。
私が持ってるのはClydesdale Bankの5ポンド札で、こちらも新しい素材でできていて、お札の一部が完全に透明になってますよ。

新しい10ポンド札の計画もあるんですね。
スコットランドだと3つの銀行が紙幣を発行してますし、いろいろデザインを比べてみるのもいいですね。

Reply
avatar

ちょこさん、こんにちは^^コメント頂きまして、ありがとうございます!

私も全然お札マニアではありませんが、お会計の時にお釣りで新しいお札をもらった時は、嬉しくなりました。使い古されたお札よりも、新しいお札の方がテンション上がりますよね!

Clydesdale Bankの5ポンド札は見たことがないので、いつか手に入らないかな〜といつも以上にお釣りを注意深く見ています笑
スコットランドのお札は、日本では換金できないのが難点ですが、三種類あるので楽しいですよね!

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。