スロバキア旅行3。ブラスチラバ旧市街街散歩とカフェ Schokocafe Maximilian Delikateso。

中央ヨーロッパ旅行中のぽろちと配偶者。第一カ国目に訪れたのは、スロバキア。首都ブラスチラバに来ています。スロバキア料理が食べられるレストラン、Modra Hviezdaで美味しいランチを頂いた後は、ブラスチラバの旧市街地をお散歩です。


ぽろちと配偶者は、地図で南西に位置するブラスチラバ城周辺から、中央を走るStaromestskaという通りを渡って、東の旧市街(オレンジのエリア)に入りました。


旧市街地は城壁に囲まれています。




中を進むと、雰囲気のある建物が立ち並ぶ街並が広がります。


あまりの暑さに耐え切れないぽろちと配偶者は、すかさずアイスクリームを確保。お店のスタッフさんに「日本から来たの?クール!」と言われ、照れながら購入しました。


この辺り一帯は、レストランやショップが沢山あります。レストランの店頭に出ているメニューを見てみると、かなり安価な値段設定のお料理に驚きました。スロバキアは物価が安めです!

ブラスチラバの旧市街地で有名なのは、こちらのオブジェ達!




色々な場所にあるので、是非探してみて下さい。


休憩がてら、また美味しいレモネードが飲みたいなと思ったので、フラブネー広場(
Hlavné námestie)前の、Schokocafe Maximilian Delikateso に立ち寄りました。


ちなみにここでぽろちは不穏な空気を察知したので、配偶者に「違うお店に行こう」と提案しましたが、配偶者に「ここに美味しいレモネードがあるはず!」と言われて、渋々了承。


ぽろちの不安は、的中です。店内にはお客さんは0。店員さんは、不親切!見下されているような対応に、腹が立ちました。「レモネード?ないよ!」と吐き捨てるような口調でしたし、アイスクリームは他のお店よりも2、3倍の値段…という最悪のカフェでした。


観光地のど真ん中のお店は、やっぱりダメ!毎度そう思うのに、その反省が活かされていない残念な結果となってしまいました。また配偶者には、これを機会に、自分の勘だけで突っ走るのを自粛してもらうことにしました。


ぽろちと配偶者は、レモネードに後ろ髪を引かれつつ、ブラスチラバ中央駅へと戻り、ウィーン中央駅へと向かう電車に乗り込みます。

たった半日のスロバキア・ブラスチラバ観光だったので、十分に観光出来ていない所や、美味しい名物なども食べ損ねていたかもしれません。しかし、特にスロバキアに強い思い入れが無いぽろちと配偶者にとっては、半日の滞在で十分でした。見慣れないお料理や、街の風景に満足できました。

街全体にやや閑散とした寂しい雰囲気を感じたものの、怖い思いをすることなく、安全に観光できたので、良い思い出の1つとなりました。

次回からはウィーン編をお送り致します。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

美しい写真とわかりやすい解説、いつも楽しく拝読してます!ぽろちさんの旅行記とってもためになります。全世界のものが読みたいです笑

スロバキア、確かに全く馴染みがないのですが、ご飯も美味しそうでしたし、町並みも美しくて、興味がわきました!ドナウ川を見ながらすっぱいレモネード飲んでみたいです。お城って観光の要所だと思うんですがそこですら閑散としているということは、観光地としては穴場なんですね。お写真拝見する限り街は清潔そうで、不安要素の治安も悪くなさそうで、スロバキアは安全に観光できそうということが知れて嬉しいです。続きも楽しみにしてます!

Reply
avatar

りえさん、こんにちは!いつもコメント頂きましてありがとうございます^^

お褒めのお言葉ありがとうございます!一応どなたかの参考になればいいなと思って書いているのですが、そうおっしゃって頂けると嬉しいです。

スロバキアはエディンバラや西ヨーロッパとは全く雰囲気が違いました。観光地は大丈夫ですが、駅周辺などは少々怖い空気でした。ですが怖い思いはしなかったので、明るい間は大丈夫かなと思います。レモネードは、本当に美味しかったです。セインンズベリーのレモネードとは大違いでした笑
機会がありましたら、スロバキアもぜひご旅行されてみてくださいね!

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。