スロバキア旅行1。ブラスチラバ空港からブラスチラバ中央駅までの道のり。

中央ヨーロッパ旅行中のぽろちと配偶者。まずは第一カ国目であるスロバキアへ!おなじみであるLCCのRyan Airを利用して、エディンバラ空港(EDI)からブラチスラバ空港(BTS)に向かいます!


ブラスチラバ空港の場所は、こちら。


ブラスチラバの市街地から6、7km程離れた所に、ブラスチラバ空港があります。市内と空港が近いですね!ですので、市街地へのアクセスは大変良く、スムーズに移動できるかと思われます。市街地へ向かう方法は、バスまたはタクシーです。


驚く程簡単な入国審査を終えた後、ぽろちと配偶者はブラスチラバ中央駅に向かうため、まずはバスのチケットを購入しました。バスのチケット販売機は、到着ゲートを抜けた先の、空港出入り口のすぐ隣にあります。チケット販売機付近には、電光掲示板がありますので、そちらを見て、お目当てのバスをチェックです。


スロバキアには宿泊せず、数時間のみの滞在なのですが、便利なので、24時間チケットを購入することにしました。お値段は€3.5。100+101エリアという、ブラスチラバの観光エリアをカバーしたチケットです。


バスは、No61。20分おきに来ます。約25分程で、ブラスチラバの中央駅 (Bratislava hlavná stanica)まで行くことができます。


バスはこちらです。日本のバスよりも車両が長く、若干スマートです。しかしスマートが災いし、通路がかなり狭く、スーツケースなどの大きな荷物を持ち込むのは、本当に不向きなバスです。


ぽろちと配偶者は小さいスーツケースを利用していたので、まだ大丈夫でしたが、それでもとても窮屈に感じました。空港から利用する乗客はスーツケースを持っている方が多い、ということは、容易に想像つくはず。にも関わらず、何故スーツケース移動が難しいバスの作りにしているのでしょうか。荷物が多い方は、距離も短いので、タクシーを使った方が無難かもしれません。

ブラスチラバ中央駅に到着です!


西ヨーロッパの旅行が多かったためか、スロバキアはこれまで訪れた国々とは少々空気が違うな、と感じました。先入観があるからかもしれませんが、気が抜けない怖い雰囲気がありました。


まずはブラスチラバ中央駅で、荷物を預けることにしました。

駅の出入り口付近にコインロッカーがあるのですが、その周辺には怪しげな浮浪者がたくさんいます。怖いのでコインロッカーは利用せず、奥にある有人の荷物預かり所を、利用することにしました。


切符売り場の隣にある階段を上がり、さらに左手に進むと、荷物預かり所があります。


預かり所の方は少しぶっきらぼうですが、英語が通じるのでなんとかなりました。小さいスーツケースを2個預けて、約€8くらいだったと思います。荷物の引換券を受け取りました。

身軽になったので、ここから観光スタートです。

ブラスチラバ中央駅を出た先にバスの停留所があるので、そちらからバスに乗ります。ブラスチラバのバスの路線図は、複雑です。どのバスに乗ったら良いのか、さっぱりわかりませんでした。


バス93ならば、ブラスチラバ中央駅(地図上側中央: Hlavna stanica)から、ブラスチラヴァ城(地図下側やや左: hrad castle)まで行くことがわかったので、93番に乗りました。中央駅から少し南に進めば、SAVという大きなバスの停留所があるという情報も前もって調べていたのですが、慣れない土地だったので、駅からのバスを利用しました。


約10分程で、お城近くまで辿り着く事ができました。

次回はブラスチラバ城と、ランチに立ち寄ったレストランをご紹介したいと思います。
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。