ダンスサークルの亀裂。その2。

2週間程の夏期休暇は、あっという間に終わってしまった。そもそも、長期休暇を取ることに後ろめたさを感じる日本の環境を考えると、嫌な顔一つされず、長期休暇を取得できたことに感謝しなければならないのだが、やはりいくら2週間も休めたとはいえ、夏休みが終わるのは悲しい。一昨日から配偶者は、職場復帰してしまった。


年中夏休みを謳歌しているような怠けているぽろちといえども、一応、主婦として、色々とするべきことがある。まあそんな大層なことは一切していないので、お恥ずかしい限りなのだが、とりあえず鈍った感覚を軌道修正するために、こうしてパソコンに向かった次第である。

ところで先日のダンスサークルの件以来、なんとなく一部のメンバーの雰囲気がもやもやしている。ぽろちのように踊れれば問題ないというスタンスで活動しているメンバーの一方で、何が何でも許せないと未だ激怒中のメンバーもいる。そんなに激怒しているのならもう辞めればいいのでは…とぽろちは思うのだが、辞めること=負けた、と感じてしまうらしい。この件は、何にでも首を突っ込む情報通のケイトから聞いた、というか聞かされた。

実はベッキー似のインストラクター、通称ベッキーは、近々結婚式を挙げる。

長年交際していた同じくインストラクターのニックと、トルコのビーチで結婚式を挙げるらしい。彼女のFacebookの更新記事は、今現在結婚式の準備ネタばかりで、最近では式で着る予定のドレスの写真が掲載されていた。

とても喜ばしいことなのだが、実はここでもまた問題が起きていた。 ベッキーは「式は内輪でやる」と言っており、ダンスサークルのメンバーを呼ぶ予定はないと言っていたのだが、実はこっそり数名のメンバーを式に呼んでいたのだ。

この情報が何故か漏洩してしまい、式に呼ばれていないメンバーが激怒。何故自分たちは呼ばれないのか、何故あの人たちだけが呼ばれているのか、のけ者にされたと感じた一部のメンバーは、ベッキーに猛烈抗議。ベッキーはFacebook上で、釈明に追い込まれた。

それでも怒りが収まらない一部のメンバーは、ベッキーに直接抗議したり、ベッキーの式に呼ばれたメンバーに攻撃したりと、なかなかバイオレンスな空気を醸し出している。

ぽろちには全く害がないので傍観しているが、そのうちベッキーは廃業するのではないかとヒヤヒヤしている。
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。