ノルウェー旅行8。オスロパス(Oslo Pass)はお得です。

ノルウェー旅行はオスロに来たぽろちと配偶者。極寒のオスロフィヨルドクルージングを終えて、いよいよオスロ市街の観光スタートです!

今回オスロ観光をするにあたって、ぽろちと配偶者は、「オスロパス(Olso Pass)」なるものを購入しました。


オスロパスとは、オスロの公共交通機関(ゾーン1、2内)の料金が無料、決められた美術館や博物館の入場料が無料、その他レストランなどで割引が可能な、お得な観光パスです。

こういった観光パスは、観光が発達している主要都市で多々見かけることがあるのでそう珍しくはないのですが、ぽろちと配偶者が思うオスロパスの良い所は、使用期限のカウント方法にあります。


例えば、ダブリンのダブリンパスは、何時使用を開始しても日付が変わると1日とカウントされてしまうのですが、オスロパスの場合は、使用開始からきっかり24時間を1日とカウントするところにあります。ですから、慌てて早起きして早朝から深夜まで、無理に予定を詰め込まなくてもいいのです。

2016年8月現在のお値段は、

24 時間: 335 NOK (約£31、約€36、約¥4100)
48 時間: 490 NOK (約£46、約€53、約¥6000)
72 時間: 620 NOK (約£58、約€67、約¥7500)

です。(NOK:ノルウェークローネ)

果たして、オスロパスは得か否か、ということなのですが、ぽろちと配偶者が今回の旅行でのんびり巡った3つの観光スポットの値段を見てみると、

-オスロ国立美術館 (National Gallery Oslo): 100 NOK
-ムンク美術館 (Munchmusset): 100 NOK
-ノーベル平和センター (Nobel Peace Center): 100 NOK

合計300NOK。これに24時間の公共交通機関乗り放題がつくので、のんびりオスロを見て回るにしても、無理せず元はとれると思います。

オスロパスの入手方法ですが、多くの観光スポット、ビジターセンター、ホテルなどで購入することができます。


上の画像は公式サイトからのコピーですが、黒のピンが、オスロパスを購入出来る場所を示しています。


ぽろちと配偶者は、オスロフィヨルド・クルージング後に、港のすぐ近くにあるノーベル平和センターのチケット売り場で購入しました。

次回は、ぽろちと配偶者が巡ったオスロの観光スポットをご紹介します。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

初めまして♪ Tier5のビザででエディンバラに来週から一年半住みます。それでインターネットで情報を調べていたら、ポテトさんのブログにたどり着きました。最初の10日間はユースホステルに泊まって、物件を探すよていです。どこか良い不動産会社はあるでしょうか?あと、ポテトさんのブログも読み直していて、怖い詐欺の不動産屋さんもいるし、おすすめの不動産屋さんや、信用しないほうが良いサイト、あとは、エディンバラの物件で一番気を付けなくてはいけない事項など教えていただけたら、本当にうれしいです。あと、エディンバラについたらお会いしたいです♪

Reply
avatar

かなさん、はじめまして^^ブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。

エディンバラにお住まいの予定なのですね!物件についてですが、あまり参考にならないかもしれませんが、私はs1homesというサイト(http://www.s1homes.com/)を使用しております。こちらのサイトでは、一度に多数の不動産会社の物件を検索することができるので、個人的に便利だなと感じております。

日本の常識では考えられないこともありますので、物件選びは怖いですよね。引越しの経験が乏しいので大層なことは言えないのですが、少しでも変だと感じたらすぐにその物件は却下してくださいね。お気をつけてエディンバラにいらしてくださいね。

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。