ベルギー旅行。9.ブルージュ観光

ベルギー旅行の3日目。「北のベネチア」との異名を持つ、ブルージュ(Bruges)での運河クルーズを楽しんだ後は、ブルージュの街の観光です!


運河クルーズを終えてまずぽろちと配偶者が向かった先は、チョコ・ストーリー(Choco Story)です。名前の通り、こちらはチョコレートがテーマの博物館。ポテト好きのぽろちと配偶者はついフリッツがメインになってしまいますが、ベルギーに来たからには、チョコレートもチェックしないといけません。


ブルージュの中心であるマルクト広場から徒歩5分程。住宅街のような場所にあるため、少々見つけにくいので、ご注意ください。入場は€7。休館日は1月の第2、3週で、それ以外は毎日10時から17時まで営業しているようです。



早速入り口でチケットを購入。その際、こちらのチョコレートを頂きました。仄かに甘く、とっても美味しかったです。



見学する前に、ぽろちと配偶者の旅先の恒例、コイン作り。


 今回はこちらの絵柄でした!



この博物館のマスコットと思われるキャラ。カカオなのかチョコなのかはわかりませんが…なかなかパンチが効いたキャラですね…。



こちらの博物館には、カカオがチョコレートになる過程や、チョコレート作りの歴史、器具などの展示物があります。以下、ダイジェスト版でお送りします。






順路に従って進むと、最後にチョコレートを作っているところを見ることができます。チョコレートの試食もできて満足です。


例のマスコットキャラです…。


チョコレートのお勉強の後は、こちら。



ブルージュの町の中心である、マルクト広場です。



こちらは市庁舎です。


広場にでていたポテトスタンドで、ポテト休憩です。



前回サムライソースで撃沈した配偶者は、スタンダードにマヨネーズを選択。



ぽろちはマヨネーズが苦手なので、これまでなるべくマヨネーズを避けて生きていましたが、このフリッツの付け合わせのマヨネーズは、すごく美味しいと感じました。まろやかな風味で、マヨネーズとは思わせない力があるマヨネーズでした。おいしかったです!

ふと、日本人らしき人が通りかかったので、ふと見てみると、なんと、アントワープで昼食に立ち寄ったCafe Quinten Matsijsでドライカレーを召し上がっていた例の中年ご夫婦が歩いているではないですか!すごい偶然もあるものだなぁ、と驚いていたのですが、まだまだ奇跡は続くのです…。

次回は、ブルージュのカフェ、ドゥ・プローヴリー(De Proeverie)でチョコレート休憩です!

その他のベルギー旅行の記事はこちらからご覧下さい。
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。