1時間の戦いーOyster Happy Hourー、ONDINE Restaurant。

「Oyster Happy Hour…?」

ぽろちと配偶者に、衝撃が走りました。ONDINE Restaurantというシーフードレストランで、平日17時半から18時半限定、オイスターが1個£1で食べられるという、魅惑的なイベントが催されているとの情報を入手しました。このイベントを知った時、ぽろちと配偶者は狂喜乱舞。早速、Oyster Happy Hourに参戦してきました!


場所は、エディンバラの観光の中心、ロイヤルマイルからGeorge IV Bridgeの通りを入ってすぐの所にあります。ハリーポッター縁のカフェ、The elephant Houseと同じ通りです。

レストランは、若干フォーマル系な雰囲気が漂っています。


ドレスコードはありませんが、Tシャツジーンズの装いは不向きな気がしました。入店すると、洗練されたショーウィンドーに陳列された、オイスター達が目に入ります。出身地の異なるオイスター達が、一同に会しています。そそられますね!


席は、テーブルではなくバーカウンターに通されました。Oyster Happy Hour参加者は、バーカウンターに通されるようです。


席につくなりウェイターさんから、「お水は如何ですか?」と尋ねられ、お願いすると立派なボトルに入ったスペイサイド地方のお水がグラスに注がれました。その瞬間、ぽろちと配偶者は、「またやっちゃったよ…」と苦い思いで顔を見合わせました。


お水いりますか?と聞かれたので、つい「ください!」と言ってしまいましたが、何で「タップウォーターください」と言わなかったのか、悔やまれます。ぽろちと配偶者は、特にタップウォーターで全く問題ないので、有料のお水頼んじゃったな…と後悔でした。立派なボトルに暗示をかけられてしまっているだけかもしれませんが、お水はまろやかで、美味しかったです。

気を取り直して、白ワインをオーダー。


待ちに待ったOyster Happy Hourのメニューは、至ってシンプルです。生オイスター、クリスピーオイスター(カキフライ)、天ぷらオイスターの3種類から選択します。1時間限定のイベントなので、のんびり構えているわけにはいきません。早速試合開始です!


第1回戦は、生x6、 フライx6、天ぷらx6です!



生は、濃厚さには欠けますが、満足のお味。レモンは水気が無く、準備してから時間が経ってるようで、手では絞れない硬さでした。レモンには喝ですが、タバスコやお塩、ピンクビネガーなどで頂いたので、問題なかったです。

カキフライは、ぽろちも配偶者も3種のうちで1番気に入りました。日本のカキより小ぶりですが、正真正銘カキフライです。衣もサクサク。美味しかった!

天ぷらは、香りのする葉っぱが衣に入っており、想像した天ぷらとは違いました。磯辺揚げのような感じです。醤油ベースの甘めのタレがついていて、懐かしいような新しいような不思議な気持ちになりましたが、これはこれで美味しいです。

時計は6時をまわり、残り30分。後半戦も行きます!第2回戦は、生x12、フライx12です!

…が、ぽろちがカキに興奮しすぎたため、生カキの写真を取り忘れました。申し訳ありません。

こちらは2回戦目のカキフライ。


隣の女性達は、何故かぽろちと配偶者のオーダーを意識しているようで、「隣に負けないように食べるわ!」とスタッフさんに宣言していました。ライバル視されて困惑していたぽろちと配偶者でしたが、最終的には4人で戦いを讃え合う仲になりました。

ぽろちと配偶者は、合計で44個のカキを完食。まだまだ食べたかったですが、今回はこれで終了。大満足でレストランを去ります。


こちらは、箸休めとして活躍したポテト。サクサクで美味しかったです。

ONDINE RestaurantのOyster Happy Hourは大満足でした。お店の店員さんも、みなさん親切でした。また近々必ず行きます!

★★★★☆(4/5)

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
5 Comment
avatar

ぽろちさん、こんばんは。

牡蠣、美味しそうですね…!!!我が家は、例によって旦那さんが食べられないのでとっても羨ましいです。
こちらの牡蠣、あっさりしているものが多い気がするのは気のせいでしょうか?
ぽろちさんは、日本のものくらいクリーミーなものに出会われたことはありますか?
もし、こちらでも食べられるなら、旦那さんを放って食べに行きたいと思います。

Reply
avatar

mao Paoさん、おはようございます^^

こちらの牡蠣は、日本の牡蠣よりも結構あっさりしてますよね。クリーミーな牡蠣を食べたいなーと思いつつも、残念ながらまだ日本ほどクリーミーな牡蠣にはまだ出会っていません…。クリーミー牡蠣、美味しいですよね!!

でも私はあっさり牡蠣も好きなので、それなりに満足しています^^牡蠣フライは小ぶりですが、エディンバラではもう合格です!!

ご主人様が苦手となると、なかなか牡蠣やムール貝を食べに行けないですよね。でも、こちらのレストランはシーフードレストランではなさそうですし、牡蠣以外も食べられるので、ご主人様のお好きな物もきっとあるか思います!もしよければぜひ!私もまた近々行きたいな〜と思ってます★

Reply
avatar

ごめんなさい、シーフードレストランです!なんか勘違いしてました💦ごめんなさい。

Reply
avatar
SakurainEdinburgh 2016年9月7日 23:47
delete

初めてのコメント失礼致します。
最近エディンバラに引っ越ししてきた主婦です。いつも参考にさせて頂いており、勝手ながら家では「師匠」と呼ばせて頂いております。

さて、クリーミーな牡蠣でしたら、Newhavenにある”Welch Fishmongers”という魚屋さんで購入できます!(23 Pier Place, Newhaven
Edinburgh EH6 4LP)
倉庫のような建物にお店が3件ほど入っており、Newhaven Harborを背にして一番左のお店が魚屋さんになっています。
牡蠣を購入し、家で開いて食べましたが、プリプリで美味しかったです。
刺身で食べられるマグロやサーモンもあります。
Facebookページもありました。 https://www.facebook.com/Welch-Fishmongers-159623400745112/

同建物の一番右のお店は、Welch Fishmongersのお魚を使用したレストランになっています。市内で食べるよりも少々安く牡蠣が食べられますし、こちらもプリプリの美味しい牡蠣でした。

市内からは少々離れており、行きづらい場所かもしれませんが、とてもオススメです!

Reply
avatar

SakurainEdinburghさん、はじめまして!コメント頂きましてありがとうございます^^

エディンバラにお住まいなのですね!!勝手ながら仲間が増えて嬉しいです。エディンバラの生活には慣れましたか?
師匠だなんてとんでもないです!下らないことをただただ書いているだけなので、何だかお恥ずかしいですし、照れます。でも嬉しいです。

お魚やさん情報ありがとうございます。まさかエディーズの他にも、牡蠣やお刺身のマグロやサーモンが購入できるお魚屋さんがあるなんて…!わざわざリンクまで教えてくださり、感謝致します。クリーミーでプリプリな牡蠣が食べられるんですね!!嬉しい^^早速行きたいと思います!

教えてくださりありがとうございます^^お互いエディンバラ生活を楽しみましょうね♪

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。