ずさんな図書館。

ぽろちが母の影響で読み始めた漫画の中に、古代エジプトやその周辺の国々を舞台とした少女漫画がある。「愛の大河ロマン」と紹介されるその漫画は、ぽろちが生まれる前から、かれこれ30年以上、現在も連載されており、長期に渡って人気を誇っている。


その漫画を小学生の頃から愛読し、感銘を受けたぽろち。当然舞台となっている古代エジプトにも興味を持った。世界史の教科書を見ては漫画を思い出してニヤついたり、その時代背景を調べるべく、歴史書物を図書館に借りに行っては、またニヤついていたのを思い出す。

しかし、エディンバラに来てからは、漫画に限らず小説も読まない日々だった。さすがにそんな生活を続けていると、活字に飢えてくる。日本から持ってきた僅かな小説を何度も何度も繰り返し読んだり、たまに電子書籍に目を通す等をしていたが、ある時何故か突然くだんの漫画が再熱。これを機に、エディンバラの図書館に行って歴史書物を借りてみようと思ったのだ。

お目当ての書籍2冊が、図書館にあることをネットで確認したぽろち。 早速予約を試みた。その図書は貸し出し禁止のため、自宅には持ち込めないのが残念だが、コピーは許可されているので、コピーして自宅で読もうと楽しみにしていた。しかし、図書館から来たメールを見て、ぽろちの楽しみは打ち砕かれることになる。

図書館からは「どういうわけかこの図書は現在ありません」と連絡が来た。配偶者が「ネットにはあると掲載されていますが」と連絡すると、「確かにあるはずですが、何故か今は紛失中です。何故ないのかわかりません。頑張って探してみますが…」と信じられない返答を頂いた。

図書館が図書の管理もできない…だと?日本では経験したことない事態に、呆然としたぽろちと配偶者。図書館が図書の管理もできないとは、どういうことなのか。初めてイギリスで図書館を利用しようとしてこの始末。不信感だけが募った出来事だった。

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
4 Comment
avatar

お久しぶり、それって、王○の○章?

Reply
avatar

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
そうです、まさしく!

Reply
avatar

はじめまして(^^)
私が小学生の頃に連載開始でした(^^;;くっ、歳が……(笑)
もうコミックスの5巻あたりで挫折しました。

世の中には図書館の本をこっそり持ち出す不埒な輩も
いるのですよね。図書館のせいじゃないかもしれないので
あまり責めないでくださいませ。

Reply
avatar

コメント下さいましてありがとうございます。

確かに長いですし、絵が苦手という方もいらっしゃるので、挫折も仕方ないですよね!
無事に簡潔されることを祈るばかりです!

そうですよね…図書館の所為ではないかもしれませんね。ご指摘ありがとうございます。

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。