スコットランドのお土産に。Fudge Kitchen。

以前、エディンバラのお土産の1つにFudge Houseのファッジをご紹介しました。ファッジは砂糖、ミルク、バターを材料に作られており、若干キャラメルと似ていながらも、しっとりとした質感、そして柔らかい口当たりのスコットランドのお菓子です。実はエディンバラの観光の中心であるロイヤルマイル(Royal Mile)には、Fudge House以外にもう1つ、ファッジ屋さんがあります。Fudge Kitchenです。


場所は、ロイヤルマイルにあり、Museum of Childhoodのお隣です。Fudge Houseも近くにありますが、こちらのFudge Kitchenの方がエディンバラ城寄りです。



店内は、Fudge Houseよりこじんまりとしています。


こちらのFudge Kitchenでは、上の写真の柵の向こうでスタッフさんがファッジを作っているところを間近に見る事ができます。今回、その様子を動画に収めることができたのでご覧下さい!


ショーケースには沢山の種類のファッジが並んでいてどれにしようか迷ってしまいます。




お湯に溶かして飲むタイプのファッジも売っています。これはFudge Houseでは売っていません。


購入した量によって箱の大きさが変わります。お値段は4個入りで£16、6個入りで£22です(ウェブサイトより)。また、しっかりした箱に入れてくれるのでお土産にうってつけです。


日本へのお土産にファッジを是非買ってみては如何でしょうか。

その他のスコットランドのお土産についての記事はこちらからご覧下さい。
エディンバラの観光の記事はこちらからご覧下さい。
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar
サックス吹きの妻 2017年8月25日 8:48
delete

ファッジハウスでラムレーズンとダークチョコレートのファッジを買いました^^
深緑にゴールドの文字がまたおしゃれですよね。
小さいサイズだろう!と勝手に思い込んでいたのが大間違いで、パウンドケーキ並みの大きさでずっしりと
重く、びっくりしました。どれも試食ができ、選ぶのも楽しかったです♪
家の冷蔵庫に入れて夫と一緒に食べるのを待ちわびています。

Reply
avatar

サックス吹きの妻さん、コメント頂きましてありがとうございます。

ファッジは写真で見るよりも、ずっと食べ応えがありますよね。私もずっとファッジは小ぶりのものだと思っていましたが、重量級ですよね!コーヒーや紅茶に合うので、お茶菓子にもぴったりです^^ご主人さまとぜひファッジをおいしく頂いてくださいね♩

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。