グラスゴーロケ地巡り。その2、映画・トレインスポッティング(Trainspotting)。

グラスゴーでドラマ・アウトランダー(Outlander)のロケ地を後にした、ぽろちと配偶者。次なる場所は映画・トレインスポッティング(Trainspotting)のロケ地です!

1996年に制作された映画・トレインスポッティングは、スコットランドを舞台に、ヘロイン中毒の若者の日常が描かれた作品です。日本のレンタルビデオ店だと、青春映画のカテゴリーに入っていますが、決して、爽やかな青年達が必死に困難を乗り越えて成長していく、青春巨編ではないのでご注意下さい。

主演はユアン・マクレガー氏。最近では、スターウォーズのオビ=ワン・ケノービ役で活躍している、スコットランド出身の俳優です。このトレインスポッティングが、彼の出世作になったそうです。

トレインスポッティングは、当時イギリスだけでなく全世界でヒットしたそうです。内容はもさることながら、映画を引き立てるサウンドトラックも、そのヒットに一役買っていたとか。BlurやPrimal Scream、Pulp、New Order、など、当時UKポップ・ロックが全盛の時代の、そうそうたるバンド達が参加していました。

映画の冒頭では、エディンバラのプリンセス・ストリートをダッシュするユアン・マクレガー扮するレントン達の姿が。


右側のBootsは、いつもぽろちがお世話になっているBootsです。1996年の映画ですから、20年前からこのBootsはこの場所にあるんですね。


さて、今回グラスゴーで、ぽろちと配偶者がやってきたのはこちらのパブ、Crosslands。街の中心地からは地下鉄かバスに乗る必要があります。現在(2015年2月)はSo, What Comes Next?という紛らわしい名前に変わっているようです。実際に確かめた訳ではないので不確かな情報ですが、内装はほとんど変わっていないという噂です。

お昼に入ったので、お客さんは2、3人しかおらず、スタッフさんもあくびをしながら迎えてくれました。



こちらのパブでは、スコットランド出身の俳優ロバート・カーライル氏扮するベグビーが、二階からビールのジョッキを一階に放り投げて喧嘩をわざと巻き起こすというめちゃくちゃなシーンの場所です。

 

こちらがまさにその場所です!


まさに同じ場所に座って、ビールを飲む配偶者。全然キマっていません。


続いてやってきたのは、ユアン・マクレガー氏扮する主人公レントンと、ユエン・ブレムナー氏扮するスパッドが、ミルク・シェーキを飲んでいるシーンのカフェ、CAFE D'JACONELLです。



カフェ…かと思っていたら、ちょっと柄の悪そうなファミリーが集うファーストフード屋さん。 さて、気になるトレインスポッティングのシーンはこちら。レントンとスパッドがミルクシェーキを飲んでいます。


実際は、こんな感じでした。壁の模様が一致しています、、、が想像と随分かけ離れていて急速に冷めていくぽろちと配偶者。


仕方ないのでイチゴミルクシェーキをオーダーしておいとまする事に。


このイチゴミルクシェーキの強烈なケミカルな甘さに、ぽろちと配偶者は完全にノックダウン。後味の悪いトレインスポッティングのロケ地巡りになりました。

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

最近トレスポ2を見てこのページにきました!
有名なジョッキ落としのパブが実際にあるなんて!ロケ地巡り羨ましい限りです^^
2はエディンバラのシーンがさらに増えているようです!

Reply
avatar

こんにちは^^お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。コメント頂きまして、大変ありがとうございます。
実はまだ2を観ていないので、エディンバラがどのように映画の中で写っているのか、確認できておりません汗 昨年ロケの現場に遭遇した時に少しですが、ちょっとだけ様子を拝見できたきりなので、DVDになる頃に見たいと思います!
ぜひぜひ機会があれば、スコットランドにお越しください!

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。