クリスマスサンタ2015!

クリスマスサンタ。それは、毎年毎年ぽろちの頭を悩ませるクリスマス会のイベントである。

配偶者の職場では、職場全体、部署全体、グループ全体の3つクリスマスパーティーがある。それぞれ趣向を凝らした企画が催され、みんなでクリスマスを楽しむのであるが、部署とグループのパーティーにはクリスマスサンタ、という企画が必ず盛り込まれているのである。

ルールは簡単。事前にクジを引き、クジに書いてある名前の人に規定の金額内でプレゼントを買い、幹事が用意したサンタサックなる袋に入れておく。クリスマス会の当日、幹事がサンタの格好をして一人一人にプレゼントを配るという、プレゼント交換企画だ。このプレゼントを選ぶのが簡単そうで意外と難しい。なぜなら少ない金額で、いかにユーモアが詰まったプレゼントを用意できるかどうかが試されているのだ。

去年はAmazonでトイレのマグカップをプレゼントして、スコットランドのチェックの帽子や靴下をもらった配偶者(去年の記事はこちら)。さて、今年のクリスマス会で配偶者は何をもらったかというと…。


スキットル(Skittle)!ウィスキーなどのための水筒である。スコットランド柄である。配偶者の欲しかった物だったようで大喜びだったようだ。しかも、 中にはなみなみとスコッチウィスキーが。粋なプレゼントである。どうやら開封直後、周りの人に味見させろ、味見させろ!と言われてしまったので、数人のエキスが混入してしまったようだが、配偶者は全く気に留めていないようだった。

また別の会ではこちら。


スコットランド詰め合わせ!ウィスキー、ハギス、ショートブレッド、そしてハギス・バイブル!ハギス・バイブルには、ハギスのレシピやハギスを使った料理のレシピが、これでもかとばかりに図解付きで記されているかなりマニアックな物。これは時間をかけて解読していきたいと思う。

誰からのプレゼントだったのかは、クリスマスサンタの仕組み上わからないが、配偶者がウィスキー好きであることを知ってのことだったので、仲の良い人であったのだろう。配偶者はとても嬉しそうであった。

配偶者が見ていてこれは技有りだな、と思ったプレゼントは、新人の女の子宛に「残業を生き抜くキット」と書かれた箱。箱の中には、「非常食」と書かれたお菓子や、「整理しろ!」と書かれたかわいい付箋のセット、などが詰まっていたそうだ。管理職の上司には、学校の先生になれる子供用のスタンプセットが送られたそうである。

また、ある同僚は寿司セットをもらった!と喜んでいたそうだが、配偶者の職場には、日本人は配偶者しかいない。職場の誰もがこの寿司セットは配偶者がセレクトしたのだろうと思い、暖かいまなざしを配偶者に向けたそうだが、配偶者は慌てて誤解を解いたそうである。この知能犯は未だに見つかっていないそうだ。

配偶者のあげたプレゼントはというと、あまりよく知らない2人の女性にプレゼントをあげなくてはいけなくなり、Paperchaseというイギリスのお洒落な雑貨屋さんで、無難に日記帳と、かろうじてお酒が好きで旅行好きとわかっていた人には、女性用の華やかなスキットルを購入。



こうして、今年も慌ただしくも、楽しいエディンバラのクリスマスが無事終わっていったのである。

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。