名前負けしたパブ!Shakespeare。

ここ最近パブとはご縁がなく、随分とご無沙汰となってしまいました。そういうわけで、本日はイタリアンを食べに行こうかと思っていたのですが、急遽パブへと変更。特にリサーチもせず、通りかかったパブ、Shakespeareへ!

場所は、ロジアンロードに面しており、以前ご紹介したリスちゃんが目印のパブレストラン、Red Squirrelイギリス発祥の日本食レストランチェーン、wagamamaの並びにあります。

こちらのパブはTaylor-Walkerという系列のパブで、以前ご紹介したポテトがおいしくなくてクビにしたMilnes Bar、そしてThe Grosvenor Barなどと親戚のようです。入ってからクビにしたパブの仲間と知ったので、一瞬やめようかと思いましたが、既に注文した後だったので、続行。ポテトへの不安が募ります。

ウェブサイトによると、近くにあるUsher Hallや劇場などができた時に、その俳優やお客さんのために作られたパブとのこと。ぽろちと配偶者の勘違いでなければ、つい最近名前が「Shakespeare」に変わったような気もしますが、とにかく歴史あるパブのようです。


店内は縦にとても広く、大勢収容できそうです。シェークスピアという歴史ある偉大な名前とは似つかわしくない、騒がしい雰囲気です。スポーツ中継をしているテレビが、パブの喧騒を後押ししています。楽しんでいるお客さんの若干常軌を逸した言動から、どうやらここは洒落たパブではないようです。

ビールのタップの種類はまあまあ多かったのですが、配偶者が知っている銘柄はあまりありませんでした。これはビール発掘に向いているパブかもしれません。まずはお決まりの、ビールとサイダーで乾杯です。


久しぶりの、ナチョス!


最初は熱々でしたが、やや焦げ気味。そしてチーズはすぐに冷えて固まってしまいました…。お味は…察して下さい。

そして、ポテト!


うーん…。このポテトは、もそもそしていて失格です。同じ系列では、Milnes Barはハズレ、The Grosvenor Barはアタリのポテトでした。同じ系列でも料理の良し悪し、さらにメニューの種類にも違いがあるように思います。


ぽろちが1番気にかかったのは、お客さんが入って来る度に、ドアが開きっぱなしになってしまい、外からの風がぴゅーぴゅー入って来て寒かった事です。お陰で何度も席を立ち閉めに行く羽目になってしまいました。ぽろちと配偶者の宴会は早々にお開きです。

こちらのパブは大きい通り沿いにあり、大変アクセスが良いのですが、パブの雰囲気と料理の両方がいまいちでした。ここに行くならば、リスちゃんのRed Squirrelをおすすめしたいと思います。

★★☆☆☆(2/5)

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。