疎外感を感じるパブ!The Abbotsford。

本日のエディンバラは、何故か夏のように日差しが強く暑かったです。歩く度に、ぽろちの脇汗はフル活動。昨日、餃子を食べれなかったので、リベンジするために再び中華を食べに行こうかと思っていましたが、暑い日にはビールとサイダー!ということで、The Abbotsfordというパブにやってきました。


場所は、プリンセスストリートと平行して東西に伸びる、ローズストリート(Rose St.)にあります。丁度、Jennersという老舗デパートの裏にあたります。

店内に入ると、真ん中がバーカウンター、そしてそれを取り巻くように客席があり、席はとってもシンプルで、長机に長椅子です。少々パブらしくないな…と思いましたが、どうやらレストランが上の階に併設されているので、その影響があるのかもしれません。


しかし、今までにない雰囲気がぽろちと配偶者を不安にさせます…。というのもこのThe Abbotsford、まだ夕方とはいえ、音という音がなく、とても静か。おまけに、何故かジロジロと見られます。地元の方が集まるパブ、といった空気が漂っていたのでその所為かもしれませんが、それにしても何だか気分が悪いです。

初っ端から出鼻はを挫かれてしまいましたが、気をとり直して、エールとサイダーで乾杯です!


フードですが、メニューは少なめ。そして、あまり観光客向けに営業していないのか、所謂オーソドックスなパブメニューは見当たりません。目新しい感じがして良いかなと思うものの、イメージができない怖さもあって、何とも言えません。恐る恐るひとまず2品オーダーしてみました。

こちらはシーフード・プラッター。


あれ…これだけでシーフード…?てっきりもう少し豊富なラインナップを期待していたので、肩すかしをくらったような気持ちになりました。サーモンの切り身、サバのパテ、スモーク魚のコロッケ、そしてパン。スコットランドで出会うサーモンはいつも脂がのっているのですが、今回は少々ぱさついており、味もあまりありません。サバのパテは、パンに乗せてバルサミコ酢とオリーブオイルのソースで頂くとなかなかいけます、と配偶者。ぽろち的にはイマイチでした。コロッケのことは、言わなくても察して下さい。

続いて、バンガー&マッシュのベニソンバージョンです。


イギリスのソーセージにうんざりしているぽろちと配偶者は、例えなにがあろうとパブでバンガー&マッシュを頼む予定はありませんでした。しかしですね、つい鹿肉という響きに惹かれてしまいました。期待しながら食べると…うわ…ベニソンにも小麦粉いれんのかよ…と撃沈。そして、ベニソンには臭みがあり何とも言えません。ちょっとレバーに似ていますね。少し癖のあるお肉は得意なぽろちと配偶者ですが、こちらの鹿肉ソーセージは特に響きませんでした。新鮮さに問題があるのかもしれません。そして、一番気になったのは、マッシュポテトです。マッシュが荒い!全然マッシュされていません。フォークですくうと、ぽろぽろ落ちてしまいます。これにはちょっとがっかりでした。

この時点で、深追いして追加注文することは辞め、帰り道でポテトを買って帰ることで、ぽろちと配偶者、双方共に合意。領収書を頼みました。

本日のThe Abbotsford、フレンドリーではない雰囲気、ちょっと凝っているけど美味しいとは言い難い料理、お世辞にもおすすめのパブとは言えません。しかし、観光客向けのパブの雰囲気が嫌いだったり、地元の人と何かしらの接点を持とうとするならば、うってつけの場所かもしれません。席が長机、長椅子なので、混んで来たら相席は当たり前、酔って来たらお隣の方とお話がはずんでしまうかもしれません。配偶者は以前、このパブでその状況になって、帰るに帰れなくなってしまったようです。

夫婦2人で長居をするには不向きのパブでした。残念!

★★☆☆☆(2/5)

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。