甘い麻婆豆腐!Lune town。

今日は、当初別のお店に行く予定でした。しかし、ここの所仕事が忙しく、帰宅時間が零時近かった配偶者には、疲れすぎて歩くのも億劫で、目的地に辿り着くのも難しかったようです。ぽろち的には予定通り行動して欲しかったのですが、あまりに配偶者の足取りが重いので、仕方なく適当に目についた中華レストランLune townに入ることになりました。


場所は、ウェストエンドエリアのシャンドウィックプレイス(Shandwick Place)から、北に1本入ったウィリアムストリート(William St.)にあります。ここの通りは大通りではないので目立たないですが、パブ、カフェ、雑貨屋さんなど様々なお店が並んでいる、穴場的な通りです

店構えからして小さいので、もちろん店内はこじんまりとしています。地下にも客席はあるようですが、使用していなさそうでした。どうやら、2人掛けのテーブル6個、6人掛けのテーブル2個で勝負しているようです。


まずは小手調べに、Prawn Cracker(えびせん)です!


サクサクで美味しいですが、若干味が薄いです。


どうやら厨房は地下にあるようなのですが、こちらの簡易エレベーターから完成料理が運ばれてきます。運ばれてくるのはまあいいのですが、できればもう少し見えないように配慮して欲しかったです。少しぽろち、気持ちが萎えました。

当初、ぽろちはワンタンスープ、配偶者は酸辣湯(サンラータン)をオーダーしたのですが、食べてみると、隣の芝生は青く見えるものなのか、相手のスープの方が好きになってしまい、思わず交換。


こちらは、ワンタンスープです。


ワンタンスープ、とっても美味しいです!ダシがいい仕事しています。日本のラーメン屋さんのスープを思い出す程、なにやら良く親しんだ味がしました。

こちらは、酸辣湯(サンラータン)です。


酢が強めで、身にしみます。美味しいです。強いて言うなら、コショウがききすぎているようで、全体的に何とも言えないコショウのからさがありましたが、許容範囲です。

続いて、Dim SumコーナーからShu mai(シューマイ)とPork Dumplingです!シューマイは、期待通りの味です!


中はエビのすり身と豚肉です。噛むとじわっと肉汁が!

Pork Dumplingは、来てみてびっくり。


てっきり餃子を想像して注文していたのですがこれは、どこからどうみても角煮まん。Dim Sumは点心のことをさすようなので、Dim SumのカテゴリのDumplingは肉まんなのでしょうか。難しい…。でも美味しいです。

そして、メインは麻婆豆腐とエビ炒飯!


えっと、、、これは麻婆豆腐?と、2度見3度見してしまいました。お味は、まず口に入れると何故か甘みがあり、そのすぐ後ににんにくの風味、うっすらピリ辛といった感じで、シャキシャキとした野菜の歯ごたえがします。豆腐と豚肉の炒め物と思えば美味しいですが、麻婆豆腐を想像していたので、何とも言えない気持ちになりました。

炒飯は、かなり美味しいです。


でも、しょっぱすぎです。このレストランは、全体的に元になっているスープがとってもおいしいなと思いました。きっと出汁をしっかりとっているのだと思います。でも残念ながら、炒飯が冷めてくると、ご飯の固さが際立ってしまい美味しくなくなりました。

適当に入った割には、とても良いレストランに出会えました。ただ、こちらの身勝手ですが、料理名から期待した料理が出てこなかったのが少し残念でした。明らかに、以前ご紹介した四川料理とは違うと思います。メニューにワンタンやシュウマイが多かったので、広東料理が得意なお店だったのかもしれません。

★★★☆☆(3/5)


ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。