湖水地方旅行 4。シーフードレストラン、Hooked!

「ザ・ワールド・オブ・べアトリクス・ポター・アトラクション(The World of Beatrix Potter Attraction)」ポター氏のお家を観光した後はウィンダミア市内に戻り、お待ちかねの夕食です!イングランドとスコットランドは文化は違えど、どちらもイギリス。パブに行って結局普段と同じような食事になってしまっては残念なので、今回は控える事に。ぽろちと配偶者がリサーチにリサーチを重ね、選んだレストランは、トリップアドバイザーで高評価だったシーフードレストラン、Hooked!(旅の概略はこちら


場所は、ウィンダミアの街中にあり、メインロード(Main road)という、まさに!と思わせるメインの通り沿いにあります。ウィンダミア駅からも歩いて10分程でしょうか。

とても大人気のレストランのようで、連日予約で一杯。ぽろちと配偶者が行った時も店先には「予約で満席」という看板が出ていましたし、2週間前に予約の電話をしたにも関わらず「偶然キャンセルが出たのでOK」と言われました。「そこまで大人気なお店なのだから美味しいはず!」と素直に思いたいところですが、美味しくなかった時のショックが大きいと立ち直れないので、用心して挑んだ次第です。


てっきりイングランドはお水有料かと思いましたが、こちらのレストランは無料でした。喉が乾いていたのと、この後まだ予定があるので、お水で乾杯です。


こちらのレストランは、当日仕入れた物によってメニューが決まるので、日々メニューが変わります。一応参考までにホームページにはメニューが掲載されていますが、必ずこの通りになるわけではないので、ご注意を。

まずはスターター。ぽろちは、テキサスBBQ・エビのランチドレッシング添え。


エビの身がぎっちり詰まっており、プリプリ。ですが、完全にエビチリを思わせるお味だったので、イギリス風味を期待していたぽろちは少し残念。オリエンタルを意識しているのでしょうか。

配偶者は、タイカレー・フィッシュケーキ、コリアンダー・マヨネーズ添え。


タイカレー?うーん、インドレストランででてくるパコラに似ている…。美味しいけれど、インド料理を食べに来た訳じゃないんだよなぁ…という感想です。

メインに、ぽろちはローストした白身魚とリゾット。


白身魚の下にリゾットがありますが、お味はチーズ風味。ですがリゾットという感じではなく、なんとも言えないリゾットですし、グリンピースがリゾットの良さを壊しているように感じました。白身魚は美味しかったですが、大人気レストランでなくても食べられるお味かな…と思いました。そして、付け合わせのニンジンが多すぎるので、ニンジン嫌いのぽろちは苦戦しました。

配偶者は、カジキのステーキとベトナム・カレー。


配偶者、スターターに引き続きまたもカレーをチョイス!そんなにカレー食べたいならインドレストランに行けば良いじゃない、と思うと思いますが、配偶者はどうしてもカジキのステーキが食べたかったそう。エディンバラのレストランではカジキはなかなか見かけたことがありません。喜び勇んで、カジキをほおばった配偶者の最初の感想は、「んー普通」沈黙が2人を包みます。気をとり直して「カレーは?」と聞くと、これまた「普通!」とのこと。

ウィンダミアで大人気とされるシーフードレストランHooked、決して美味しくないわけではありません。ですが、人気レストランかと言われると、素直にうなずけないし、若干高めなお値段に味が伴っていないと思いました。そして、こちらのメニュー、なんか異国料理とのフュージョンに凝っているのか、ストレートなメニューが少ないんです。フィッシュケーキやカジキを食べたいなら、カレーも一緒に口に運ばないといけなかったり、とシーフードを食べた!という気分にはなりませんでした。

とっても親切なマスターのデザートの勧めはご遠慮し、言葉少なげに立ち去るぽろちと配偶者。ポテトを探して旅出つのでした。

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。