夏は終わったけど!ピムス&ポテト!

イギリスの夏といえばピムス!イェーイ!



日本ではあまり馴染みがないリキュールだが、イギリスではピムスは売り上げナンバーワンのリキュールである。ジンをベースに柑橘系のエキスやハーブなどを加えたもので、少し苦味があるが、独特でクセになる甘さで飲みやすい。アルコール度数は25%ほどだ。ピムスとレモネードや、ジンジャーエール、炭酸水などをいれたグラスに、スライスしたオレンジ、ライム、キュウリ、青リンゴなどを加えて飲むと、何ともいえない夏の味が口一杯に広がる。


ピムスの発祥の地であるイギリスでは、ピムスは夏の風物詩といっても過言ではない。有名な話では、毎年ウィンブルドンで行われるテニス選手権の大会中に、ピムスが20万杯も飲まれているそうだ。ちなみにその大会中に、いちごは約2万5000㎏、フィッシュアンドチップスは約3万2000個、ビールは約10万パイント(1パイントは約570ミリリットル)、アイスクリームは約13万5000個が消費されているんだとか。圧倒的なピムスの消費量!

Wikipediaによると、ロンドン中心部のプルトリーで、オイスターバーを経営していたジェームス・ピム(James Pimm)が、バーの客に出していたジン・スリングを、ジェームス・ピムの後継者が家庭でも再現できるようにと1870年代に発売した混成酒が、現在のピムスの原型となっているそうだ。 そして、今日のピムスNo.1のベースとなっている。

ピムスは、No.1からNo.6まで種類があったのだが、No.2からNo.6は現在販売されていないようだ。その代わり、No.3 Winter Cupや、No.6にあたるVodka Cupが季節限定、数量限定で発売されているようだ。またPimm's Blackberry and Elderflowerという味も販売されているようだ。


自宅付近のWaitroseで、配偶者がPimm's Blackberry and Elderflowerを発見し、早速購入。お味はというと、イギリスではとてもポピュラーで、またよく飲み物に使われるというElderflower (日本語だとニワトコの花というら)の独特の香りとベリー系の甘さで、No.1よりも香りが強く甘めで、違った味を楽しむことができる。


そんなわけで、ピムス!


ピムス! 


ピムス!イェーイ!


ポテトと一緒だよ!



ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。