マックパーティー!イギリスのマクドナルド。

マックパーティーを開催します!

マックパーティーとは、その名の通り、「マックでマックをパーティーすること」である。これまでぽろちと配偶者は、マックはおろかファーストフードとはほぼ無縁な人生を歩んできた。ジャンクフードに憧れた学生時代もあったことにはあったが、気付けばアラサー。マックを気兼ねなく利用できる年齢は光の速さで通り過ぎ、入るのにも抵抗を覚えるつまらない年齢に突入してしまった。

そんなわけで、マックとは静かにさようならをしたぽろちと配偶者だったが、この度マックの割引券を偶然ゲット。突如マック行きの切符を手にしてしまったのである。というわけで、急遽本日は予定を繰り上げて、マックパーティーを開催した次第である。


このマックパーティーでぽろちと配偶者が課したルールは、1日でこの割引券5枚を使い切るということである。大事な事なのでもう一度言う、1日で5枚、だ。

ちなみに言い出したのは、配偶者。自信があるのか、鼻息荒く提案してきた。ぽろちは、普通に美味しく食べたい。正直あまりお腹に自信はないし、マックには不慣れのため食べきる自信はないが、ぽろちは学生時代にメガ盛り炒飯5合を完食した過去があるので、渋々参加を決めた。

初戦は、プリンセスストリート沿いにあるウエストエンドのマック。


店内はかなり激混み。ピーク時を避けたつもりだったが、マックに魅了された強者達には、時間など関係ないようだった。


ちなみにイギリスのマックには、ケチャップのフリーコーナーがあるようだ。ケチャップかけ放題、飲み放題である。


早速、第一回戦スタート!


ぽろちはマックチキンサンドイッチバーガーをチョイス。


このジャンキーさがいい刺激を生み出すのか、なかなか響いた味だった。

配偶者はフィレオフィッシュバーガーをチョイス。


ふんわりとしたパンとさっくりとした白身魚のフライ、そしてタルタルソース。病み付きになる食感と味である。

実はこの一回戦目で、既に胃にずしりときていたぽろちと配偶者。マックは軽そうに見えるが、油が重い。アラサーの胃には、なかなか堪えた。しかし第二会場であるプリンセスモールのマックに向かっていると、自然にお腹に余裕ができてきたので棄権せず続行。


第二会場でも割引券を使用。ここでは、ダブルチーズバーガーとポテト、そしてマックナゲットとポテトという謎の組み合わせをチョイス。


ダブルチーズバーガーは迫力なく、水か油でべしょりすぎているという悲しいダブルチーズバーガーだった。
 

ナゲットはイマイチ味が無い。いや、もう舌が麻痺してきたのかもしれない。ケンタッキーとマックの両方を同時にモリモリ食べる母子を横目に完食!


割引券は、あと1枚。少し胃が苦しくはなっていたが、棄権は絶対せずに続行すると再度確認し合い、気持ちを新たに歩を進めた。

最終戦となる第三回戦目は、再び第一回戦目のウェストエンドのマックへと戻り再開。二回戦を終えた時点では苦しかったのだが、会場入りするまで休息をとると、急速に元気になったぽろち。


ここで最後のクーポンでクォーターパウンダーをオーダー!


2人で食べ終えて、マックパーティー終了!手と手を取り合いガッツポーズ。有終の美を飾った。2人でガッツポーズをしている所を、お隣の大きめカップルに笑われてしまい、相当恥ずかしかったが、これでもう思い残しは無い。青春時代の忘れ物を取り戻したぽろちと配偶者。なにやら雲行きの怪しくなったお腹をさすりながら、家路につくのであった。

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。