トイレは行けるときに行け!エディンバラのトイレスポット〜ロイヤルマイル編〜

海外旅行中、何かとトラブルが多発するのがトイレというものだ。せめてトイレでは何の心配も無く快適に過ごしたいものだが、それを許してくれないのが海外旅行というもの。これまで様々な形でエディンバラのトイレ事情をお送りしてきたが、今回は、エジンバラ城からホリールードハウス宮殿を結ぶ、1マイル(約1.6km)の長さの石畳の1本道、ロイヤルマイルのトイレスポットをご紹介する。ロイヤルマイルは、エディンバラに来れば必ず訪れる場所のため、トイレを侮ってはいけない。前回のプリンセスストリート編と同様、少しでも皆さんの旅行が快適になれば幸いだ。


1.キャッスル・ウィンド・ノースの有料トイレ


エディンバラ城にの敷地内に入ろうとする手前に、キャッスル・ウィンド・ノースという通りがある。エディンバラ城の敷地の目と鼻の先の通りなので、非常にわかりやすい。この通りを下った所に、トイレがある。

男性用トイレは女性のお向かいにある。有料、30ペンス。ただし、時期によっては無料になる(6月現在は無料)。おそらく、8月などの観光シーズンは有料で、観光シーズン外は無料なのではないだろうか。利用する方は、小銭の用意を忘れずに。綺麗さは、普通。

2. ザ・スコッチウィスキー・エクスペリエンス(The Scotch Whisky Experience)


スコットランドを語る上で欠かせない、スコッチウィスキーの博物館だ。展示物を見るにはチケットを購入しなければならないが、お土産コーナーや併設しているレストランはチケットを購入せずとも入ることができる。中に入り、レストランの案内表示に従って奥にある階段を下りると、レストランの入り口がある。レストランに入る事無く、入り口を右手に真っすぐ行くと、トイレがある。無料。綺麗さは、普通だ。

3. The Hub


元々は教会として機能していたが、現在は教会ではなく、カフェや様々なイベントを行う多目的ホールとして活用されている。展示物もあるため、気軽に入ることができる。

場所は、入り口を入って廊下を真っすぐ歩いて右手だ。無料。綺麗さは、普通。

4. カメラオブスキュラ


スコッチウィスキーエクスペリエンスのお向かいにある。こちらはチケットを購入しなければトイレは使用出来ないため、急を要する時は適切ではない場所だ。

5.  Deacons House Cafe


このマネキン人形が目印。カフェを利用しなくても、トイレは使用できる。中に進み、カフェの入り口の向かいにトイレはある。無料。写真に残すのがおぞましい程汚かったため、写真がないことをご了承願いたい。

6. スターバックス


無料。トイレは二階。トイレの綺麗さは普通。

7. Museum of Childhood


無料で入れる博物館。時代を感じさせるおもちゃが展示されていたり、おもちゃの歴史を学ぶ事ができる。懐かしい気持ちに浸れる場所だ。博物館は無料、もちろんトイレも無料。トイレは二階の奥まった所にある。綺麗とは言いがたい。

8. The Museum of Edinburgh 


こちらも、無料の博物館。エディンバラの歴史を学べる場所だ。トイレも無料だが、二階にあり少々分かりづらい場所にある。綺麗とは言いがたい。

《番外編》

9.ロイヤルマイルにほど近い、スコットランド国立図書館(National Library of Scotland)。


無料で入れる。トイレも無料。トイレの綺麗さは、普通。

10. ロイヤルマイルにほど近い、スコットランド国立博物館(National Museum of Scotland)


博物館は無料で入れる。トイレの場所は、一階にあるので見つけやすい。無料。綺麗でトイレの数も多いので、安心して利用して欲しい。

11. グラスマーケットの有料トイレ。30ペンス。このタイプのトイレは時間制限があり、20分すると扉が開くので長居する方は心の準備を願いたい。


トイレを制する者は、海外旅行を制するのだ。トイレを侮らず、注意を払ってエディンバラ旅行を満喫して頂ければ幸いだ。
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。