デブが加速するっ!La Piazza。

これまでエディンバラで、それなりにイタリアンを食べてきたぽろちと配偶者。美味しいとの評判を聞けば、自宅から遠かろうと近かろうと関係なく運動がてら徒歩で現場入りし、様々な観点から批評を行ってきた。しかし、例えどれだけ場数を踏もうとも、エディンバラで本気のイタリアンに出会う事ができていなかった。もう期待はしない。裏切られる痛みに慣れてしまったぽろちと配偶者は、期待も一抹の望みもなく、目に入ったLa Piazzaに入った。


場所はプリンセスストリートの西の端、ウェストエンド(West End)エリアにあります。プリンセスストリートから続いているShandwick Placeという大きな道沿いに佇んでいますので、わかりやすいかと思われます。


こじんまりとしていて一見狭そうに感じますが、店内は奥に広く、入り口から想像できないほどの広さです。


テラス席もありますので、夏は日差しを浴びながらワインを傾けるのも、なかなか良いかもしれません。


本日も、お水で乾杯です。少々空腹が限界に近かった、ぽろちと配偶者。お酒を頼む余裕があるならメイン3品でキメる!といった、攻めのスタイルで挑んだ次第です。デブまっしぐらですが、仕方ありません。

まずは、ピザ。Quattro Stagioniです。Stagioniの意味は四季とのことですが、どの辺りが四季なのかイマイチわかりません。


具材は、トマト、モッツァレラ、マッシュルーム、ハム、オリーブ、そしてアーティチョーク。アーティチョーク(artichoke)は、どうやらチョウセンアザミのことのようで、イタリア、地中海料理でよく使用されている模様です。ぽろちはこのアーティチョークが苦手でしたが、ビザは普通に美味しかったです。

続いて、リゾットをオーダー。Risotto Al Chiantiです。


具材は、ベーコン、マッシュルーム、レッドワインにパルメザンチーズ。Chiantiは、イタリアのワインの産地の名前のようです。それもそのはず、ご覧下さい、この何とも言えない色のリゾットを。若干抵抗のある見た目だなと感じでいたのですが、食べれば食べる程、この赤ワインの芳醇な香りがクセになります。これは、美味しい!

最後は、スパゲッティ!Spaghetti Alla Carbonaraです。


こちらは説明不要の、カルボナーラ。生クリームを使用しており、丁寧に調理されていることが伺えるカルボナーラです。後半、少しクドいかなと思うくらいに、濃厚でコクのあって満足。あまり良い表現ではないですが、エディンバラでは普段少々意味不明なスパゲッティに出会うので、まともなスパゲッティを提供しているお店があることに驚きです。とっても、美味しかったです。

期待していなかっただけに、まさかの日本人好みのお味のイタリアンに出会えて大満足のぽろちと配偶者。メイン3品をぺろりと平らげデブまっしぐらではありますが、デブになるより確かなものを得たのでデブのままでもいいです!

★★★★☆(4/5)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
2 Comment
avatar

こんにちは。ついにエジンバラに到着したがりたです!
…と思ったらついた瞬間に配偶者が気温差で熱をだしサツマミカンをかじる日々を送っておりました。やや回復し、何か食べねばとこちらのレストランに行かせていただきました!とても美味しく、配偶者も活力を取り戻しました!
非常に助かりました。ありがとうございますm(__)m

Reply
avatar

ついにエディンバラにいらっしゃったんですね。長旅お疲れさまです。
旦那様、大丈夫でしょうか。環境の変化にまだ慣れないかと思いますが、お体にお気をつけて下さいね☆
La Pizza、行かれたんですね!日本人好みのお味だと思うので、私達も気に入っております。
新生活の準備で大変かと思われますが、頑張って下さいね!

Reply

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。