悪い事は言わねぇ…食べるな、イギリスのインスタントラーメン。

 スナック菓子やハンバーガーなどのファーストフード類は塩分や脂肪分が多く栄養が乏しいため所謂ジャンクフードを呼ばれているが、何故かその不健康なジャンクフードをある日突然猛烈に食べたくなる。そういう方、多いと思われる。ぽろちと配偶者は幼い頃からジャンクフードにほとんど縁がなかったが、成人してからジャンクフードの魅力に気付いた。特にインスタントラーメンは、かなりキテる。お酒を飲んだ後は無性に食べたくなるし、最近のインスタントラーメンはインスタントラーメンとは思えぬクオリティーだ。中毒性があり快楽中枢を刺激するインスタントラーメンの誘惑に打ち勝つのは、少々キツいものがある。特に日本食が未完成なこのイギリスで、インスタントラーメンを拒む理由はない。


渡英する時に、ぽろちと配偶者は日本から大量のインスタントラーメンを持参してきた。普段はなかなか食べる機会がなく棚の中で眠っているが、配偶者が仕事や飲み会で不在の時に、ぽろちはもりもり食べている。

今までずっと日本のインスタントラーメン以外は拒絶していたが、最近は韓国のインスタントラーメンもなかなか辛くて美味しいと思うようになった。日本以外、韓国のインスタントラーメンも美味しいのだから、イギリスのラーメンもおいしいのでは…。そう思うや否や、ぽろちと配偶者はスーパーマーケットへ出かけ、早速インスタントラーメンを購入した。

お試しなので、セインズベリーブランドのインスタントラーメンをとりあえず4種類購入してみた。お値段は、確か20ペンス程。かなり安い。イギリスはお金を積めば積むだけ美味しい料理や素晴らしいサービスを受けられると感じているので、たかが20ペンスでは、もうかなりヤバい領域だろうな、と食べる前からぽろちと配偶者は確信した。


それでも気をとり直して、バーベキュー味を開封。


見た目は普通のラーメンにシンプルすぎる粉袋。ま、まあ、安いからこんなもんだろう、とぽろちと配偶者は納得し合ったが、調理方法を確かめていくと、「お水は250ml」という驚愕の事実に直面し、これはもう絶望に近いラーメンと認めざるを得なかった。通常、インスタントラーメンを調理する際に使用するお水は約500ml必要だが、このラーメンは約半分の250ml。え、スープ少なくね…?これ大丈夫…?ざわざわしながら、調理したインスタントラーメンがこちらだ。


一応写真では普通に見えるが、スープは少ないし匂いも薄いしでかなり微妙。バーベキューの風味が僅かに鼻孔をかすめるが、食べる勇気が根こそぎ奪われるラーメンだ。思いの外見た目が普通だったからか、配偶者は「おいしそー!」などとバカなことを言っていたが、口に入れた途端見事に撃沈したらしい。お水をがぶ飲みして、苦渋の表情を浮かべていた。まずい。いや、決して食べれないわけではないが、味は薄いどころか皆無に近いし、食べるのが苦しくなるラーメンだ。完食はしたが、ぽろち、二度と食べない。


しかし、このまずいラーメンがあと3つ残っている。どうしたもんかと思いアレンジを考えていたところ、「チキンラーメンを炊飯器に入れてご飯と炊くとおいしい」というレシピを発見!チキン味のラーメンあるし、やってみよう!ということで、炊飯器の中に、ご飯とラーメン、ラーメンの粉を入る。お好みで玉ねぎや人参のみじん切りを加えて、ピラフ風にしてもいいかもしれない。塩こしょう等で調えて、あとは炊けるのを待つのみ。「これで美味しく食べれる…ぐふっ」とニヤニヤしていたぽろちだったが…。


出来上がりはこちらである。まずすぎる…。かなり、まずい。ラーメンはまだ食べれたが、これは食べれる味ではない。味が全くなく、何度味を足しても味がない。麺とご飯のコラボは最悪で、何を食べているのかわからない。これなに…?チキンラーメンとご飯を一緒に炊くとすごく美味しいと評判なのに、イギリス版チキンラーメンは何でこんなにダメなの…。とにかくまずい。ヤバい。ヤバすぎるので大変申し訳ないが、このご飯はゴミ袋の中で成仏してもらった。

あと残り2つインスタントラーメンが残っているのだが、もう食べる気がしない。当初「ぽろちの☆インスタントラーメンでアレンジ飯!」をブログに掲載し、大好評企画になるだろうとほくそ笑んでいたが、これは無理。残念だが、このインスタントラーメンは静かに眠りについてもらいたいと思っている。恐いもの見たさで食べてみたい方はぜひ挑戦して欲しいが、ぽろちと配偶者はおすすめしない。やめときな。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。