これでもくらえ!大盛バーガー!The Holyrood 9A

今日のエディンバラ非常に天気が悪く、強風に加えてみぞれが吹き荒れていました。


しかしそんな悪天候の中でも、ぽろちと配偶者は食に対して貪欲で、本日は何が何でもビールとハンバーガーで一杯やりたい気分なのです。そういうわけで、例えどんなに雨で視界が悪かろうと、配偶者が道を間違えて最悪の天気の中かなりの距離を歩かされても(怒)、本日の舞台である、The Holyrood 9Aというパブ・レストランに行きたかったのです。


場所は、ロイヤル・マイルのエディンバラ城とは反対側、ホーリールード宮殿の近くです。ホーリールード宮殿は、エリザベス女王が毎年夏のスコットランド滞在中に利用する宮殿として知られています。中に入るには、入場券の購入が必要ですが、自由に内部を見学することができます。


店内に入ると、最初に目につくのはバーカウンターに並んでいるお酒のボトル。パブにもお酒のボトルは沢山並んでいますが、パブとはまた違った趣と雰囲気があるので、非常に目を惹くかと思います。バーカウンター付近は少々落ち着かないかもしれませんが、席に着くとゆっくりのんびりお酒を傾けられるかと思います。


私たちの席からなんとロウソクの滝が見られました。どれだけの年月が経てばこれだけ見事な滝になるのでしょうか。


ドリンクは、お決まりのビールとサイダーです。冬休みが終了して通常営業に戻り、休みボケでなんとなくダルい日々でしたが、ようやく土日を迎えました!お疲れさまでした。かんぱーい!


フードは、もちろんハンバーガーです。ちなみにここはメニューのほとんどがハンバーガーしかなく、スターターやサイドは充実していません。おそらくハンバーガーにかなり自信があるということだと思われますが、他のメニューはかろうじてサラダ系と揚げ物系がある程度なので、ハンバーガーだけでは少々物足りないかもしれません。ちなみにぽろちと配偶者は物足りなく、帰宅後インスタントラーメンを茹でて食べてしまいました。

ぽろちは、エディンバラでマカロニパイに飽きた人はこれ食べようリスト(B級グルメガイド)で紹介されている、ブルーマーダーバーガー(THE BLUE MURDER)にトライです。


かなりボリュームがあるように見えますが、ぺろりと食べれるサイズなので大丈夫です。上に乗っているのはピクルスです。バーガーにはガーリックマヨがたっぷりとかかっており、マヨが苦手なぽろちは一瞬失敗したかな…と思いましたが、口に入れるとマヨの味はほとんどしなく、ジューシーなお肉とブルーチーズの風味が広がります。なんと表現して良いのかわかりませんが、おいしいです。味は不思議な感じですが、おいしかったです。


配偶者は、宮殿の名前がついている、ホーリールードBBQバーガー (THE ‘HOLYROOD’ BBQ)です。やはりこちらもボリューム満点、ベーコンとチーズ、そしてバーベキューソースが決め手です。王道の味ですが、おそらくソースが凝っているせいか、これまで食べてきたバーガーとも違います。これは食べてみる価値はあります。


そして、是非お伝えしたいのが、ポテト!パブで良く出てくる太めのチップスではなく、スタイリッシュなフレンチフライタイプ。そして、お味はこちらのレストラン独自のスパイスの効いており、とても美味しいのです。これにはぽろちと配偶者はにんまり。お酒が進みます。


美味しいバーガー、美味しいポテト、そしてたくさんの種類のビール。ぽろちと配偶者のお話は盛り上がり、追加オーダーでオニオンリングです。

衣がサクサクで玉ねぎもジューシー。満足です。ごちそうさまでした!

以前に、バーガー推しのパブ、ケンブリッジバーをご紹介しましたが、比べるとぽろちと配偶者的にはこちらのHolyrood 9Aのバーガーの方に軍配があがりました。こちらの味が作り込まれているように感じたこと、ポテトへの気配りが好みだったのです。しかしケンブリッジバーのバーガーもガッツリ美味しく食べられるので、どちらのお店もお勧めします!

★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。