No.1じゃないけどNo.1。No.1 High Street。

先日大吹雪の中、大盛りバーガーを食べにThe Holyrood 9Aへ向かったぽろちと配偶者。その時、以前行きお気に入りのパブとなったThe World's Endの向かいに、何となく気になるパブを見つけました。協議の末、ぽろちと配偶者は今夜フレンチを食べに行くはずだった予定を変更して、そのパブへ。その名は、No.1 High Streetです。


店名にナンバーワンと名付けるとは、なかなか自信に溢れているパブなんだな…。一体なにがナンバーワン?ビールの品揃え?フードの美味しさ?ナンバーワンという名に捕われ、期待と冷やかしの気持ちでお店に行きましたが、店名のナンバーワンは、ただHigh Streetの1番地にあるので、ナンバーワンと名付けられたとのこと。「You!自信持ってエディンバラで一番美味しいパブだからナンバーワンとつけたって言っちゃいなYO!」と冷やかしで思ったぽろちと配偶者。


恒例のエールとサイダーで乾杯です。今週もお疲れさまでした!だんだん冬休みボケが抜けて調子が上がってきました。かんぱーい!


こちらのパブは現在ウィンターキャンペーンということで、フィッシュ&チップス、ハギス、チキンサラダ、スープ&サンドウィッチ、マカロニチーズが£5という破格のお値段で食べられちゃいます。平日も土日も時間帯も関係なく、ウィンター限定です。早速ぽろちと配偶者もこのキャンペーンに便乗。味が多少良くなくても、£5なので諦めがつくというものです。

まずは、小さめフィッシュアンドチップスです。


これで£5には見えない…というのが第一印象です。白身魚がトロトロで、衣もサクサク。これは是非、また食べたいお味です。フィッシュ&チップス好きの配偶者は、かなり気に入ったようです。ちなみに付け合わせのポテトは、ちょっとやる気のないニートでした。

こちらは、スープとサンドウィッチ。


スープは甘めのトマト味。缶のスープを思わせるお味でしたが、美味しかったです。サンドウィッチは普通のスーパーに売っているパンに、ただチーズとトマトはさんじゃった的な、ひねりもないサンドイッチでしたが、£5と思えば妥当です。

本日は長時間ダラダラパブに居座り思う存分飲み食べ日なので、まだまだ食べますよ!

まずは、ダラダラ食べに最適のナチョスです。


こちらのナチョスはソースが3つに分かれており、ディップ形式ですね。普段はナチョスにソースがかかって登場してくるので、新鮮でした。お味は普通。チーズがすぐ固まるのはいただけませんでしたが、可もなく不可もなくといったナチョスでした。

続いて、ラザニア。


これは美味しい!いつもはゆるゆるのラザニアシートがただ適当に入っている、といった感じですが、これは弾力があり、パスタという言葉がよく当てはまりました。ガーリックブレッドとの相性も抜群。

もちろん、愛しのポテトも!


チャンキーチップスを注文したのですが、全くチャンキーなポテトではなく、少々残念。もさもさポテトで、やぼったくて垢抜けないお味でした。ポテトはやはり重要ですね。ぽろちと配偶者の独断と偏見ですが、ポテトの美味しさでパブの良し悪しが分かるというものです…。

No.1 High Streetは何とも言えない居心地の良さがあり、ぽろちと配偶者はついつい話が盛り上がって、いつも以上に長居をしてしまいました。エディンバラのロイヤルマイルでパブをお探しの方は、お向かいのThe World's Endと合わせて、候補に入れてみては如何でしょうか。

★★★☆☆(3/5)
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。