自宅の警備は任せろ!

充実した冬休み休暇があっという間に終焉を迎え、ついに昨日から配偶者の仕事が再開してしまった。一昨日はパブで最後の休暇を有終の美で飾ろうとしたものの、まさかの予想外の底辺パブをセレクトしてしまい、気分を払拭できぬまま沈んだ気持ちでブルーマンデーに突入してしまった。


そういうわけで気持ちの入れ替えが不十分な状態で昨日は、なかなか起きず寝相が悪い配偶者を叩き起こす朝からスタートし、帰宅早々「お腹空いた!今日のごはんなに?まだ?」と一々うるさい配偶者を迎える等の、通常営業の日々が始まってしまった。毎日ほぼニート的な生活を送っているぽろちが何を言っているんだ、という話だが、できることなら、休暇前に戻りたい。

しかしつい数日前に新年を迎えたのを機に、過去の堕落的生活とあぐらをかいていた己を戒める意味を込めて、ぽろちと配偶者は互いの過ちと罪をノートに書き出して自身を省みたと同時に、新たな抱負や目標を心に刻んだ。別に全く誇れるようなことでもないのだが、今まで確かな目標や決意を持って生きてこなかった我々には、非常に背筋が伸びることであり、身が引き締まる出来事であった。

ほぼ毎日ニート的な堕落的生活を送っているぽろちは、決意の1つにとりあえず「平日、毎日少しでも外出する」を追加。このような低レベルな決意をさらしてしまい大変お恥ずかしい限りだが、おうち大好きなぽろちは、今まで平日はほぼ常勤で自宅警備員に徹し堕落していたため、今年からは少しずつでも毎日外出するようにして、常勤自宅警備員から、非常勤自宅警備員を目指して行きたい。

一方配偶者は、先日のダイエットについての記事の反響にすっかり気を良くして調子に乗り始め、仕事に影響が出ない程度の食事制限や筋トレをコツコツやっていく、とポテチを食べながら堂々と宣言した。

そういうわけで今年の目標の一部をブログで公表し、改めて気を引き締めていく所存である我々を、早速邪魔する輩が最近自宅にやってきたのだ。年明けから突如登場したこの輩、当初は控えめな活動をしていたのだが、次第に幅をきかせ始め、今では堂々と存在を主張し始めたのだ。その輩とは…。


冷暖房機である。昨年知人からいただいたこの冷暖房機、いただいてしばらくはクローゼットの中で眠っていたのだが、年末年始に自宅でレイトショーを上映し始めてから、日の目を浴びたのだ。我が家の暖房はフル活動しているものの、やはり日本より部屋を暖める能力が格段に低い。愚痴を言えばキリがないのだが、まず暖房機がやる気を出すまでに半日要する。寝る前に暖房のスイッチを押してもすぐに暖かくならず、翌日の朝にやっと部屋が暖かくなるといった感じだ。しかしその暖かさも十分ではなく、寒い。


こういう経緯から二つ返事でこの冷暖房機をいただいたわけだが、当初は「この小さな機械に何が出来るんだ」と鼻で笑っていたぽろちと配偶者。 どうせ、か細い熱しか出せないだろう、と思って、スイッチを入れてみたが、これがなかなか使えるのだ。


さすがに温度は調節出来ないが、暖房のみ風力は二段階に調節可能。何気に風力、強い。部屋全体とは言い過ぎかもしれないが、あっという間に素早く暖かくなる。ちなみ冷房はまだ試した事はなく、このエディンバラで果たして冷房が必要かどうか不明ではあるが、こちらの方も大いに期待出来る。

この冷暖房機のおかげで暖かくなったリビングは、以前よりも断然快適で居心地が良い。手足の先が冷たくなることもなく、ブログに勤しんだりネットサーフィンに身を任せたり動画を堪能できるのだ。大変素晴らしい。そういうわけで、ぽろちは更にネット活動に熱が入ってしまい、年始に気持ちを新たにして立てた目標の一つである、「平日、毎日少しでも外出する」が僅か数日で挫折へとなった。いや、一応頑張る気持ちはあるのだ。しかし、この冷暖房機に頼らなくなる春まで、ぽろちは常勤自宅警備員としての任務を全うすることになるだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。