ジキル氏とハイド氏のゆかりのカフェ!Deacons House Cafe。

今日もエディンバラは木枯らしがびゅーびゅー。たまらず、ぽろちと配偶者は近くのカフェに避難です。本日のカフェはDeacon's House Cafe。エディンバラ城からロイヤルマイルを5分ほど下り、BRODIE'S CLOSEという小道に入るとすぐにそのカフェはあります。


入り口には、説明が…。1700年頃の話であるが、道の名前にもなっているWilliam BrodieはWrights組合の執事(deacon)であった。昼間の彼の姿は、全うな人間であったが、夜の姿は一変して、裏社会に身を置いて、ギャンブルやお酒に明け暮れていたのであった。しかし1788年、Brodieはギャンブルの借金を返すために強盗を犯し、首つりの刑に処されたそうである。この話が、エディンバラ出身の小説家、ロバート・ルイス・スティーブンソン(Robert Louis Balfour Stevenson)の有名な作品「ジキル氏とハイド氏」のインスピレーションになったそうである。


ちなみにすぐ近くにはDeacons Brodie Tavernというパブもあります。ジキル氏とハイド氏のReal Life、というキャッチ・コピーで宣伝をしています。


では早速、この入り口を入って店内へ。


店内を見渡すと壁にはWilliam Brodieが首つりの刑に処されている様子のペイントが、、。とはいえ、お店の雰囲気はクラシックな暖かみのあるカフェなのでご安心を。

それでは、オーダーです。



ぽろちは、ハム・ベーグルとフレーバー・ティー。ハム・ベーグルはホカホカでとっても美味しいです。クリームチーズの味が特徴です。

しかし、フレーバー・ティー。選択を誤ってしまいました。ご覧下さい、ティーバックです。


紅茶の国だから、と油断してはいけません。ちゃんとしていそうなカフェでも、紅茶はティーバックでやってくることがしばしばあります。フレーバー・ティーはよりその確率が高く、未だ、お茶っ葉のフレーバーティーとは出会った事がありません。

配偶者は、スクランブル・エッグがのったトーストとアメリカンコーヒーを。
エッグがのったトーストはアツアツで優しい味です。コーヒーとの組み合わせは寒い日にはもってこい。


デザートにはミリオネア・ショートブレット。


チョコレート、キャラメル、ショートブレッドの三段重ね!こんなショートブレッドを使ったお菓子があるとは!チョコレートやキャラメルが、俺が俺が、と甘さを強く主張してきますね。これは疲れた時に食べたら一気に疲れが吹っ飛びそうです。配偶者には甘すぎたようでコーヒーを飲み干してしまいました。

ロイヤルマイルで観光の一休みに如何でしょうか。ただし、フレーバーティーには要注意ですよ!

★★★☆☆(3/5)


ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。