それでも使わなければならない、イギリスの生理用品。

まず初めに。この記事は「赤裸々☆ぽろち的乙女事情」記事のため、男性諸君並びにお花を摘まないアイドル的女子は速やかに退出していただきたい。


麗しき乙女の事情を語る上で、生理用品の話題は欠かせない。しかし、花も恥じらう、うら若き乙女がはたして秘め事を公にしていいものか…と若干悩んだが、毎月の憂鬱な使者に翻弄される乙女達に、異国の生理用品のいろはを包み隠さずお伝えしなければならない、と使命感にかられたので、筆をしたためることにした。

「世界中どこの国を探しても、日本以上に素晴らしい質と女性の心に柔軟に寄り添った生理用品は存在しない」。

今まで異国の生理用品と全くご縁がなかったにも関わらず、ただ何となく、イギリス生理用品の覇者である「Always」のホームページを閲覧しただけで、ぽろちはそう強く確信し、日本の生理用品を讃えた。今思えば、たかがホームページを見ただけで決めつけるなんて何とも愚かで短絡的なのだが、当時のぽろちは信じて疑わなかったし、乙女の毎月の憂いを異国のしょぼい生理用品に頼るわけにはいかない、とまで思っていた。

そういうわけでぽろちは、渡英決意日から渡英日までコツコツと生理用品を買い集め、段ボール4箱分の生理用品と共に渡英した。おそらく500個はくだらないだろう。包装紙は全て綺麗に取り払い隙間なく詰めた。ちなみにこれら全て「ソフィ超熟睡ガード400」である。

しかし、ぽろちは心配性だ。たかがこの程度の生理用品達と海を渡ったからといっても、所詮消耗品だ。いずれなくなる。そう思うと、急速にぽろちの不安は渦を巻き、胸が苦しくなった。せめて今、この神々しい日本の生理用品が手元にあり、心に余裕があるうちに、イギリスの生理用品を購入しよう。不本意ではあるが、仕方あるまい。乙女の事情には打ち勝てないのだから。

前置きはこのくらいにしておき、早速ではあるが、とりあえずわけもわからず何となく購入してきたラインナップをご紹介しよう。当然というべきか、結論から言えば、「イギリスの生理用品?まあ、百歩譲って使えないこともないけど?吸収力とかかなり心配?カバー力とかちょっと不安?え、大丈夫?」である。これはあくまでぽろちの独断と偏見であり、ただのしがない感想であることをご了承いただきたい。気分を害された方は大変申し訳ない。

ぽろちは基本的に夜用を使用する。絶妙にフィットする安心感と横モレ防止のエアバック、 腰まで届きそうな長さと吸収力を十分に発揮する厚さのナプキンは、憂鬱な日々をサポートしてくれるのに最適だと思うからだ。そんなこんなでまずは、「夜用で長さがあり、とにかくこのスーパーで一番最強っぽいやつ」を購入して。それがこちら、「always secure night ultra」。である。


ホームページにはこれと同じパッケージが掲載されていなかったので、この商品と思わしき物のリンクを貼ったため、間違いがあればご了承いただきたい。


開封するとこのような感じだ。一見普通だが、ナプキンの包装が薄くぺらっぺらで、なんだかしょぼい。というか、これは日本の生理用品「ウィスパー」と似ている…?無知でお恥ずかしいが、ホームページを見てみるとalwaysとウィスパーは同じ会社のようだ。


開封したはいいものの、これはちょっとお呼びではないな…と思ってしまった。あの…なんというか、日本のウィスパーを批判するようで何とも心苦しいのだが、 この手のナプキンを使用したことながなかったため、「夜用で安心!ウルトラだよ☆」との記載があるにも関わらず、 このぺらっぺらっな薄さ。フィット感なし。すぐによれる羽。よれたら生命力を失い接着力がご臨終。血液が付着した途端、ダイレクトにグロくなるナプキン構造。その他諸々。本当に誠に申し訳ないが、これは戦力外通告である。

お次はこちら、「always night maxi」 シリーズの一つに挑んでみた。※ちなみにこちらの商品は尿漏れパットら


立ち寄ったスーパーで新商品として大々的に宣伝されていたため、新商品に弱いぽろちは購入してしまったのだ。


開封するとこのようになっている。相変わらず包装はしょぼいが、上記の商品よりも厚みがあるため、少々安心感がある。このナプキンは…ぽろちの脳裏には一抹の希望が過る。


上記のナプキンと厚さを比較すると、その差は一目瞭然だ。


写真ではお伝え出来ないのが残念だが、厚さは確かにあり、それなりに頼りがいがある。ナプキンがよれたり、動くこともない。長さは約36センチ程あり、腰の辺りまで覆う事が可能なため、フィット感も十分だ。血液が付着するとダイレクトにグロくなる構造はちょっといただけないが、その点を除けば、文句はない。というかもう文句なんぞ言ってられないのだ。ぽろちは、日本のナプキンと並行してこのナプキンを使用していこうと、心に決めた。※ちなみにこちらの商品は尿漏れパットのようだが、ぽろち的に使い勝手が良いため生理用品として使用を続行しようと思う。

そういうわけで、ぽろちの「異国☆生理ライフ」は、なんとか軌道に乗ることができた。しかし、結局、異国勢がどう足掻いても、日本の生理用品の前では跪くしかないのである。そう、日本の生理用品は、乙女のポリシーと純情を優しく包み込む永遠のパートナーであり、世界の覇者なのだから。


ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。