2013年度UK No.1のカレー屋さん"Kismot"に突撃!

喉から手が出る程食べたい。おそらく日本人ならば誰しも一度は必ず冒されたことがあるだろう、突然カレーをガツガツと搔き込みたくなる病に。ぽろちと配偶者は今週一週間その病に悩み苦しみ続けたので、自宅で夕食にカレーを食べたりなどしていましたが、それでもカレー欲を満たすことはできなかったので、本日念願のカレーを食べにこちら、Kismot Indian & Bangladeshi Restaurantにやって来ました。場所はエディンバラ大学から少し歩いた所にあります。


こちらはトリップアドバイザーでかなりの好評価のお店です。さらに2013年のUKナンバー1インディアンレストランに輝いているのです!'トリップアドバイザーで高評価のお店は基本的にハズレがない'ということに、すっかり味を占めたぽろちと配偶者は、自分たちで開拓する向上心をちょいと忘れ、専ら口コミに頼る始末。これでは'エディンバラのグルメブログ'?の名が廃るというもんですが…。


店内は照明を落とし、アンニュイな雰囲気を醸し出していますので、デートにおすすめのお店です。エディンバラのお店は基本的に狭く、隣のテーブルとの距離が近いのでなかなか落ち着かないですが、こちらのお店はそれなりに余裕があるので、隣のテーブルを気にすることなくお料理を楽しめるかと思います。

こちらのお店はBYOB(Bring your own bottle)です。
まずは、お決まり!本日のワインです。チアーズ!


少々辛口で固いお味ですが、安価の割に美味しいです。

まずスターターにチキンパコラ。


インドの揚げ料理です。甘くフルーティーなソースでいただきます。初めて食べるお味でしたが、なかなかイケます!ご飯に合うソースです。


そしてタンドリーチキン。


ちょっと、固くてぱさついていますね…。悪くはないのですが、以前ブログでご紹介したIMANSのタンドリーチキンに比べると劣ってしまうな、という感想です。やはりIMANSのタンドリーチキンは最高でした。

本日のお目当て、カレーの登場です。我々はLahoreというカレーをオーダーしました。 説明には、"Unique, Kashmiri spiced homemade tandoori yogurt sauce"とあります。


これは美味しいです。バターチキンカレーのようにコクがありマイルド。一見重たそうに見えそうですが、少し酸味があって、しつこくないのです。確かに話題になるだけはあります。

ぽろちと配偶者がワインを嗜みながら、料理をガツガツ食べていると、怪しげなおじさん登場です。よくわからないハイテンションで、"料理はどうかい!?"と親しげに聞いてくるのです。食事中にまさかの妙な絡みだったので、ぽろちと配偶者はちょっとうざいな…と思っていたのですが、おじさんに見覚えが…。まさか!?このおじさんは!

(55秒あたりにご注目)

そうです。お店の店長さんです。テレビにも出演してカレーを振る舞っている人です。突然芸能人にあったような気持ちになった配偶者は、声がうわずり挙動不審になっていました。ちなみにぽろちはこの手のことは苦手なので、対応は全て配偶者に任せておじさんがいなくなるのをひたすら待っていました。この人、トリップアドバイザーの写真にもお客を差し置いてこれでもかってくらい写真に写っています。名物店長さんですね!

 ★★★☆☆(3/5)



ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
0 Comment

匿名でのコメントには、お返事できないこともありますので、御了承ください。

自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。