National Galleries of Scotland と Scottish Cafe & Restaurant

金曜日にNational Galleries of Scotlandに遊びに行ってきました。


場所は、街のど真ん中、Princes street沿いにあります。我が家からは徒歩15分程で行ける場所。買い物等で頻繁に美術館の前を通っていたにも関わらず、今日まで行く機会がありませんでした。美術館はなんとAdmission is free、つまり無料で入れます (特別展示はお金がかかるようです)。気軽に入れるのは嬉しいですね!


ぽろちは、海外旅行で慣れない街を歩き回って疲れたら美術館に入ることにしています。荷物を預け、ゆっくり綺麗なトイレに入ったり、椅子に座ってぼーっとします。悪い人もいない(と信じている)ので、まさに美術館は聖域です。

作品はルネサンス初期から1900年代のものと、スコットランドのコレクションが展示されています。ルーブル美術館のように大きすぎないので1、2時間もあればだいたい回れるのではないかと思います。

芸術を堪能してからの、、、 Scottish cafe & Restaurant


ま…まあ、こちらが本日のメインですかね笑。外食は心を癒してくれます。
配偶者のお仕事がお休みだったので平日の金曜日の午後2時頃行ったのですが、お年を召された方々でにぎわっておりました。土日だとかなり混んでいたかもしれません。なんて優雅!お友達は、ここの紅茶はティーバックじゃないからお気に入りのカフェだ、と言っていました。余談ですが、紅茶の国と謡われているはずのイギリスのカフェ等で提供されている紅茶は、意外にもティーバックが多いような気がします。茶葉からいただいたのは、アフタヌーンティーをした時くらいでしょうか。しっかりしてください…紅茶の国!

テラス席もありますが、本日は雨。


雨がしとしと降る午後のアンニュイなエディンバラの風景を横目にワインを注文です。

ぽろちは、
Rose (Monastrell DO Yecla, Molino Loco, Valencia Spain (12.5%)を。

"An expressive nose of fresh red fruit and floral notes. Soft and fresh, it is
balanced in structure with pleasant uplifting acidity and fruit-filled finish."

舌触りが固いです、、、。ソフト&フレッシュじゃないのでしょうか??


配偶者は、
Scottish fruit wineの赤を。
こちらは、、、?
"Orkney Wines are made using fruit, flowers and vegetables, using local produce
Orkney Red (14.5%)"
ベジタブル!?野菜ジュース?
ちびりとワインを口に含んだ配偶者のお顔は明らかに微妙。コメントは "土くさい、、、"の一言を頂戴いたしました。

気をとり直して、チーズの盛り合わせ(Dunedin Cheese Board)をオーダー。


Clava Brie, Lanark Blue and Isle of Mull Cheddar with Orkney Oatcakes and Cannonball chutney.
種類も豊富、お味も良いです。

ちょっと、ハイソサエティーの洗礼を受けてしまったぽろちと配偶者。帰ってポテトでお口直しです!次回はアフタヌーンティーに来たいなと思います!

★★★☆☆(3/5)

ブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。以下のバナーをクリックしていただけると、とても励みになります。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。