2. イギリスビザ Tier5 Dependant (dependent) 取得までの道のり〜必要基本書類〜



配偶者とイギリスで一緒に住むためには、配偶者がTier5のビザを取得しているので私はTier5 Dependantsビザを取得しなければならない、ということがわかりました。そして、考えなければならないことは、「何を準備すればいいのか、申請必要条件は何なのか」ということ。

※2015年4月6日以降から、6ヶ月以上のイギリス滞在者に対するNHSの義務化がされています。このビザは4月6日以前に申請したものですので、現在と申請条件が異なっています。申請の際には必ず申請条件をご確認下さい。

早速UK Boader Agencyのホームページを見ましたが、どこのページを参考にして良いのか全くわからず…。また、日本人の方が書いてらっしゃるイギリスビザ申請に関するブログを読んでも、イギリス人の方と婚約もしくは結婚されてビザを取得された方が多く、私のようにTier5 Dependantsビザを取得された方はごくわずかで、イマイチわかりませんでした。ですので、UK Border Agencyに直接メールで問い合わせることにしました。

問い合わせた結果(2013年7月時点)…。

必要基本書類
① 戸籍謄本(3ヶ月以内に発行されたもの)などの家族である証明書類
② 資金証明
③ 証明写真1枚(35mmx45mm背景が薄いグレーかクリーム色のカラー写真、写真規定;頭から顎までの写っている大きさが29-34mmのもの)
④ 申請用紙(オンラインでフォームに入力し、印刷したもの)
⑤ 現在有効なパスポート (目安としてできれば残存期間が申請当日より6ヶ月以上あるものが望ましい) と顔写真のページのコピー
⑥ 過去のパスポート(任意)
⑦ Teir5ビザ所持者である配偶者のビザとパスポートの顔写真ページのコピー
※Tier5のDependantsビザの申請には英語力証明は要求されないため、提出は不要。

ということでした。

他の方(Tier5 Dependantsビザ以外のビザを取得された方)のブログでは、英語力証明が必要だと記載されていたので、どうしよう…と慌てて問題集を購入していたのですが、必要ないということで大変安心しました笑 
また、参考にさせていただいたブログに、交際している証として写真や手紙等の提出も必要との記載があったので 、配偶者との写真なんてほとんどない…と絶望していたのですが、こちらもTier5 Dependantsビザには必要ないことがわかりました。おそらく、英国人の方と婚約もしくは結婚してイギリスに住む際には、英語力の証明と交際している証が必要と思われます。

安心したら、UK Border AgencyのTier5のカテゴリの中に「Dependant(Family?だったかもしれません)」の項目を見つけることができました笑 きちんと見ればすぐ見つかりますが、私は英語を読むことに気後れしていたのとビザ調査に時間が空きすぎてしまったため、半年かかってやっと見つけることができました…。

これでビザについての必要条件と書類がわかったので、まずはほっと一息つけました。

つづく

※こちらに記載していることは、2013年7月と2014年6月時点の情報です。ご存知の通り、イギリスのビザ取得に関わる条件は年々厳しく頻繁に改正されているようですので、申請時期直前の必要な条件や書類等はご自身でよくご確認ください。また、疑問がある場合、UK Border Agencyに直接メールで問い合わせると親切に答えてくださるので、ご確認ください。

UK VISA Tier 2 General Extensionの全記事はこちら
UK VISA Tier 2 Generalの全記事はこちら
UK VISA Tier 2 Dependantの全記事はこちら
UK VISA Tier 5 Temporary Workerの全記事はこちら
UK VISA Tier 5 Dependantの全記事はこちら
Previous
Next Post »
自分の写真

スコットランドのエディンバラ在住の夫婦、ぽろちと配偶者です。 エディンバラでの生活などを中心に紹介しています。 趣味はポテトを食べる事です。